届かない置き手紙

 まあ、なんていうかね、こうして毎日ブログを書いていて読者の方も読んでくださるわけですが、近い身内とか連絡のつかなくなった古い知り合いとかに、言いたいことってあるわけです。けど、近すぎて関係性のコントロールやバランスを壊してしまうから言えないとか、連絡がつかなくなったから届かないとか、そうして言えないことをブログに書いてスッキリするかというと、書き出したものを自分で読んで反芻のように消化しても、上手く言い換えて結果飲んでいるのは自分自身なんですよね。

 俺の場合は一家離散、人間不信、裏切りなどの目にあったけど、それ以上に優しい関わりを感じる人の輪にいて、傷つけることがあるかもだけど近しい人との関係に感情をぶつけようという気が起こったんですよね。やさしい関わりは遠くの人だから、そっと通信しているだけだけど、近い人の厄介なところは根回しをして近所の人を味方につけているところ。直接言い合いになると勝てないから、人数を集めて何とかしようとする。その人数が町内とかで多くても、ネットでつながりはゆるいかもだけど、話くらいは読んでもらえるとなって、貯金や荷物を提げていっそ東京に出ようか、と地方移住ブームに全く反対の家出みたいなことを考えるだけ自分の力に余裕が出来て、居心地の悪い関係に切り込んで失敗した先に逃げ道の可能性を作ってみると、戦う前向きな思考が出来るようになってきたんです。

 思えばゲームに真剣になるとかいうのもそうだった。ゲーセンにたむろっている人とか、それぞれ年も違う区て、話もバラバラで遊んだり喧嘩したりしても結局みんなまた気付いたらゲーセンにたまっていて、そこで「お前の家なんかおかしくね?」ってなって、それで少しだけど家族との関係を直そうとしたんです。けど、考えてみると子供の俺が甘えることで「お父さんとお母さんもっと仲良くして!」というのを両親が我慢していただけで、俺の独り暮らしを機に両親は別居してしまった。

 俺が独り暮らししていると、ゲーマーの何人かがよく遊びに来て、友達の友達くらいまで「ちょっと泊めて」というのが増えて、その人の出入りにマンションの管理者はやや不審。家賃を増額されて、それでも電気ガス水道以外にインターネットというのがしたいんですとADSLの営業をマンションオーナーにかけてもらって、自宅ネカフェ状態。そしてだんだんフシダラになり、それに学友関係だった昔の仲間が皆引いて、悪い仲間からは罠にかけられて、そしてユニットバスの掃除をしっかりしていなかったために現代では滅んだのではと思うような感染症で仕事を休んで、休みがちになって家を訪れる人もなくフリーになったと言えば聞こえはいいが体良く終身雇用を外されて仕事の依頼がないとき完全に孤立した。

 ただ、周りの人は知っていた、このときに厚生年金の支払いが支給要件を満たす期間になっており、あとは俺がそれを知っていて手続きすればお金がもらえるようになる。それを知らず、実家に帰って親父から「そんなもの貰ったら人生おしまいだぞ!」と怒鳴られ、親のスネをかじり、そして沖縄出身の社労士さんが仲立ちになってくれて40歳で年金をもらい出す。

 音楽をするとか言って、バンドして女の家にしけ込んでとかダメンズ的エピソードをかっこいいと思う感覚を持っている人がいるのは分かるけど、サラリーマンからデビューして社畜人生から大スターにとかも話としては面白いかもだけど、40代で年金もらい出して暇だからギターの稽古してるって本当に情けない話で。

 そこまで来て、いや今だから語るけど有名な音楽家でも若い頃は家が金持ちのボンボンでそこに音楽仲間がたむろってってのはあったことなんだよってのを、フィクションだかノンフィクションだか知らないけど音楽雑誌の後日談みたいので記事にして届けてもらった。

 読んで面白かった話みたいに生きたいってのはあるかもだけど、俺の話でも文筆が上手になればそれなりに面白く仕立てることは出来るのかもしれない。ロマンチックでもドラマチックでも、そりゃ原体験から幾らかは脚色があるもんでしょ。

 読んでカッコイイ話だと、会う前にハードル上がりすぎて「かっこいい人だと思ったのに会うとガッカリだわ」となるからカッコ悪い話をしておくと「カッコ悪い話だったけど思ったより普通の人よね」となるかなと3手読んだけど「カッコ悪いやつだから会う価値ナシ」という1手を読み逃していた感じはするよね。

 でも、そうなんです。ブログ読む以外に手料理とか振る舞えるわけでもなく、ギターの弾き語りも動画の通りだし、会いにきた人に何か出来ることがあるかというと、メリット無し。

 ゲームして「誰にも負けねぇ!」と虚勢を張っていると、少なくとも「彼奴に勝った」という手柄がある分だけゲーマーの子供から注目はあったと思うんですけど「ゲームなんて」の眷属に入って普通の人となったら、今度は普通でない部分がひとつづつ列挙されていって、どんな人なのかの人となりが丸裸にされてゆくという。

Vector | |