ドドンパチその後

怒首領蜂の2周クリアを目標にしていたのだけれど、首領蜂を2周できるレベルの人が怒首領蜂の2周に3ヶ月かかったと聞いたことがあります。自分で2周するのにかかる練習量がそれ以上となってくると、始めてはみたものの、モチベーションが続かず、投げだしてしまいました。
最近たまに奈良のセガ怒首領蜂大往生を遊ぶけれども、4面道中でゲームオーバーになって(過去最高記録でも5面中ボスまで)それで結構満足してしまう。首領蜂を1周出来たのが怒首領蜂1周クリアより後で、気づいたら昔ゲーセンであこがれた上手な人より上手くなっているのだけれど、なってみると達成感とかはぜんぜんなくて、ゲーム中の短い喜びを過ぎたあとの虚しさが印象に残った。
怒首領蜂大復活はというと、5回ほど遊んで5面までしか進んでないんだけれど飽きてしまった。
言い訳をする気はないけれど怒首領蜂2周クリアできなくてごめんなさい。ちょとクリアできるようになりたいと思ったけれど、その苦労を考えるとそこまでしてクリアしたくはないです。首領蜂は1コインで2周目3面まで進んでコンティニューで2周クリアしました。お金なら出せます。でも怒首領蜂の2周はコンティニューでは出来ないようになっています。それは辛い。クリアできるようになっても何も残らないのがさらに辛いです。ビデオに撮って残しても、あとから見ることは無いと思います。
でも、決して嫌いになったわけではなくて、ミスしても気に食わないでやり直すことなく、今回はこんなものかと結果を受け止めながら、たまに遊んでいます。コンボを狙うと毎回ルートが同じになって、ミスと成功の差がハッキリ決まって、その落差があまりにも大きく、操作はシビアを極め、ストレスの元になります。それで、そこまでスコアを意識しないで遊んでいます。そんなだから、目に見える上達はありません。ただ、繰り返し続ける中で、ラッキーが重なって上手く見えることはあります。その延長線上に2周クリアがあったとしても、それは上達や達成を感じるものではないでしょう。
最近の感想はそんなところ。