データサイエンスと呼ぶのが流行りらしいが

 最近ではデータサイエンスという言葉に変容しているが由来的には統計学、そのうちでも多変量解析と題された本が昔に背伸びして買ったものがブックオフされずに家にあり、今なら分かるかなともう一度読み込んでいる。

 初めて読んだ第一印象は「これはとても科学と呼べるものではない」だった。論外の考え方でおかしいと思ったのだ。それは俺の直感だった。

 しかし、俺はいちど大学に落ちてフリーターをしてから、専門学校に進んで国家試験に通り、半分は不真面目なゲーマーのまま会社員という体制派に属した。ただ、その社会ではそれまで軽視してきた学歴は重んじられる。体制派だから仕方ない。それから俺は復学を考えた。専門卒の下級公務員としてそのまま課長止まりまでも行けるか怪しい会社員生活の中で、せめて勉強しようと思ったのだ。

 ただ、それから大学の本をスパイして読もうとする俺当てに東大の先生から受験勉強をするべきである、大学の学力は高卒までの受験勉強を経て学生が得てきた学力によって維持されているものであり、大学の授業内容がそれほど良いものではないという話だ。

 しかし俺だって奈良学園という偏差値の高い高校を卒業している。高校の勉強を科目で俯瞰して、さあ何をやろうと思うと全部一回はやったよなと何をして良いか分からない感覚からの出発であった。

 それから既に多くの年月が経っており、主な内容は高校の勉強で、入学から卒業までにスケジューリングして詰め込むことが出来なかった部分を日々少しずつに押しなべてのっぺりと勉強してきた。だから小中学校の読者は高校入学を楽しみに、高卒以上の読者は昔やったことを思い出して、そこは割愛したい。

 そうして統計学に戻ると、大学受験の試験など、学生の合否を判定するのもこの統計学というのが大学側の計算方法であることが分かる。例えば、一次関数の残差平方和で示されるような予測が、俺の当初の数学力では点描された点を全て通るような高次元方程式と差分を無視しているとも言える直線とどちらが正しいのか、というようなことは結局未来になってみないと判定できないわけだが、答えの出る問題では無く、意思決定を当てずっぽうではなく科学的にしようとした時に他者説得のためには数理が必要で、そのための手法として統計学が使われて、一定の成果が出ているのだ。

 実際、学科試験の多くの問題は頭の良さを測るのに不服のある人もいて俺もそうだったが、少なくとも実社会であまり使われておらず教科書に載っている単語の多い学科試験に答えられるという事は、勉強量を測る試験としてはある程度正しいだろう。

 大体、俺の自信の根拠である奈良学園を出ているというのも奈良学園の成績偏差値が他校より高く、学科試験の得点の優劣を大学不合格で切り捨てながらそれでも専門学校に復学して国家試験に通っているという事で専門学校入学時点の学力が周囲から奈良学園卒業の偏差値60ではなくサンタックコンピュータ専門学校の最低合格偏差値47に見積もられたとして、合格率20%の情報処理技術者試験に合格して、それから中途採用でユニオンシステムに通勤することで体制派に組み込まれたわけである。

 それはある意味では諸刃の剣で学力の低いとされる者には体制派として強く出られても、組織の中で自分より上位にいるものには逆らい難い。真ん中の立ち位置を示しているものだろう。

 それが、会社から離れてみると、資格はまだ持っているが、役職は無い予備要員として奈良の城下町の市中にある一介の小売店の屋根裏の小部屋でこうしてパソコンでブログを書きながら、スーパーの弁当やマクドナルドのセットを食って過ごしているのだ。

 下級公務員として過ごすのも毎朝の通勤と業務があった。もちろんその中で出世の上限が見えているのが嫌で勉強をしていたはずが、気付けば親の自営業を継げるかどうかという小市民としての生活に変化しているのだ。だが反体制をする気はない。体制のおかしさというか、統計的な捉え方の見落としはもちろん分かっているので、反対に例外的なスキマに入って暮らしているわけだ。

 親父の経営する自営業なので親に所得があって、自分は給料をもらわず親の持ち家に住んで食事を世話してもらえば俺には所得が無いので税金がかからない。それを伝えたら、仕組みの改編とかで働かされないかという不安は無いわけではない。インフレ政策などがその手にはなる。それでも一億人の国民を要する国家の政策の基本は貿易外交と税収で、それを計算する官僚の方程式は統計学に由来することは違いない。

 対して、中高レベルの理科ではあるが、俺にもそのレベルの科学知識は全て身に付いている。科学は正しいかというと、それにも観察や測定の範囲でしかモノを言えないという網目のようなスキマはもちろんあるわけだが、それを嫌うと顕微鏡や測定機の研究に一生を捧げることとなる。コンピュータ将棋の研究で交流のあった某氏も医療用測定器の研究が趣味の将棋ではなく本業としてあって、鬱でやつれて自殺寸前であった。

 貯金はあるが収入は少なく税金のかからない範囲で、それでも将来は心配で株で増やそうかと画策したこともあるが、それも確率的にはそんなバクチで、統計的手法を取ると大企業の経常収支などを見比べて、その常識の延長が投資信託であり銀行預金という間接金融になる。投資には元本割れリスクが、預金にはインフレリスクがあるが、預金が少ないと銀行倒産リスクがあるのだ。まるで銀行業のバックオフィス業務を無償でしている気分になる。

 そうして、統計学をもういちど考えると頭から信じるには危うい部分があるが、リスクを嫌ってまず何から始めるかというと、歴史に学ぶという観点から、近代的な歴史研究の出発点が統計学のはじまりであり、そうしてデータを集計することが研究者の主な業務なのである。

 つまることろ、自衛隊とか農林水産(畜産もね)とか運送業とか主に自動車や船舶などのの製造業とかそういうのはそれはそれであって、余った市民は仕事が無くて収入が無いけど、税収をもらえる公務員からあぶれたら食費を何とかしてあとは遊んでいる。

 まあ、もう出世とかは無いかなとも思うんだけど、したい遊びを小さく見積もってこじんまりと暮らしているだけで、大きなお金のかかった夢を持ってそのために労働者として復職するという事を考えたら、しんどい目をしてから大きな夢を追う若さはもう無くて、それでいて人生がこのまま平坦に終わりゆくことには一抹の不安がある。

 こうして書をつづって人に語るには実はまだ若すぎるのではないかとも思っている。将棋に麻雀にテレビゲームが何のためにあるのかというと、退屈な時間を有意義で楽しいものにするためであろうけど、そのVR体験より実体験はもっとより良いであろうか、リスクを負わないための死んでも良いVR冒険では無いだろうか。

 まだ、もうしばらく読書を積んで勉強しようかという所で今日はここまで。

 

フロントミッション5の難所を攻略した!

 久しぶりなのだがクッソ難しかったのは覚えていて、多分5面くらい。シナリオ分岐とかする前だと思う。久しぶりにやって「これ実は絶対負けて負けたら次に進むやつちゃうか?」と思って負けてみるとゲームオーバーでタイトルに戻った。

 どうすんねん?と思うくらいレシオ差があって、初期状態で5機対敵6機(戦車2ロボ4)から追加でロボ4くらい来る。5対10。アドバイスとしては回復アイテムずっしり持ってけ的なことが作戦前に出るのだが、これに対してロボの買い替えで僧侶にあたるリペアの付いたロボを5体のうち3体になるまでマックス買い、粘ったら越せた!

 これ進んだら遊び方の自由度はあるのかないのか知らんが、あの面を攻略するにはそれしか思いつかんくて、この調子でどの面も「こうするしかない!」という解を導いてゆくのなら、SRPGにありがちな序盤からユニット死なないように手柄の取らせ方も当たりハズレがあって・・・みたいな文法をぶっ壊した新手かもしれん。

 ここ越したら、音楽もテンション上げ上げの首都防衛線に突入したのだが、セーブしてお休み。外で働いている土方のオッサンがゲームとテレビの音が消えてパソコン机に座ると「なんでそっちいくんや?」とこう、パソコンで攻略法でも見てるのかみたいな疑惑を外から盗聴して抱かれているのではないかと思うんだけどちゃうねんおっちゃん。ブログ書いてんねん。多分これ何でって俺も聞かれても分からないし全部説明しても分からない人の方が多いかもだけど、ゲーム進めてひとりで興奮してんの虚しいからブログ書かないとなかなか次ってならへんねん。

 まあリペア1機壊されたんやけど面クリアで戻るあたりは親切設計。でも難易度はこれ以上上げたらクリアできなくなるギリくらいまで上がっている、手応えのある仕上がりなんだと思うけど、それを面白がれるかというと、ちょっと難しいと思うのよ。

 でもね、分かるのデジカメも何もない頃、スーファミの初代フロントミッションで5面のドリスコル倒せたというと、もうその時つるんでたほとんどの人からホラ吹きのレッテル貼られたのよ。けど、どうして弁明できなかったというと、倒し方には案外と気付かないハメ技があって、ハメ技状態でスーファミ3日くらいつけっぱなしで削って行ったら勝てるんだけど、その方法を人に教えちゃうのが嫌で、教えないとホラ吹きだけどフロントミッションは俺だけのものだ!みたいな独占欲というか所有欲みたいのがあったわけ。

 俺、それより大戦略とか最初にカネ設定できるの10000対90000にして勝てるのかとか、キングオブキングスを最終マップで現金最小で四面楚歌から始めて勝てるのかというと、普通は無理だと思うんだけど、バグ技か乱数制御とかで勝つ人は勝つんだろうなって思うんだけど、流石にそこまでいくと興醒めなので、フロントミッション5の難易度もこれはどうかなと思いますよ。まあ簡単すぎるとダメなのもそうなんだろうけど。

 ほんま越す前は「やられたら進む系のイベントちゃうかと思った」ってとこ、もっかい書いとくからそこから俺の言いたいこと読み取って欲しいのよ。

 でも音楽とか映像は流石にPS2自体が古びてるけど、この当時の1級品です。まあ映画が趣味だったりPS3~4~5とか持ってるとどうということは無いのかもだけど、趣味としてマンガや映像作品にそんなに触れない俺としては満足です。

 あと今日はカプエス2もAイーグル・バルログ・覇王丸で1回クリアしたけど、そろそろ格闘ゲームの人をやめてSLG系の人になろうかなと思っています。コンピュータ将棋関係の方に「何か面白いゲームない?」「スパロボとかどうっすか」「どんなゲーム?」「将棋みたいなゲームっすよ!」それからしばらく「将棋みたいなゲーム・・・」「ごめっ!違いました?」「言いたいことは分からんではないが」という事件があって「君のやってるゲームが面白そう」ということでなんであの人がこんなゲームで遊んでいるんだろうと思うから俺がSLGを頑張ってみたらどうだろう、と。

 まあ別にコンピュータ将棋作っているからと言って将棋だけが趣味とも限らないからゲームに興味持ってもらって、好きなの見つかって楽しく遊べれば良いよねって思うけど、人に物すすめるので自分の趣味範囲の外に出て多分ああいうジャンルはこうだからみたいなステレオタイプのジャンル分けになっちまうと所謂「普通」という感性が個々人と付き合う時に危ういのと同じで、まあそれでも俺の話を読んでくれる人には伝えたかったことです。

積みゲー解消計画。時は待ってくれない。

 直近10年ほど、ACTやSTG趣味の俺がモンハンを三作越したガンダム連ジやアーマードコアというロボFPSに強くなった、格闘ゲームをさらにやりこんだ、カルドセプト遊戯王というトレカ系も強まった。それは良いのだが。

 もともと小学校の時はドラクエが好きでFFもVIまで遊びゲームボーイでサガやウィズを喜んで遊んでいたのだが。勉強のためとゲーム機を親に取り上げられ不良仲間のせいにするではないが学校帰りのゲーセンにたまるようになってゲームのない家に帰るのが遅くなり、そんで卒業バイト専門学校と進んだあたりでセガサターンACTとSTGの人に仕上がってしまった。プレステでDQ8とFF7、8、9という人と話が合わなくなり寂しい思いをしていた。

 まあその間もRPGというとドラクエのようにお話があってモンスターが出て来て辛抱強くレベル上げの作業をするものというイメージでもって話すと「ゲーム知らない人」みたいな反応で距離が出来てしまい、RPGも多種多様に進化していて、その話題に馴染めない事が専門学校でもゲーム好き組みよりCG学科でアート系を志すグループとロボコン出て三重の高専から片道2時間かけて通うT君とのC++とかShadeの談義とあとは卒業後の進路として会計士を目指す現実的なコヤマ君とチョットつるんだくらいで、大学生によくある学生時代のバカ騒ぎ体験は俺の専門学校時代には無かったわけではないが、学外とゲーセンで必要以上につるんでしまい、半端だった。

 ゲームを買う金が無いわけではないが、話を合わせようと買ったロマサガ、ペルソナ3、スパロボIMPACT、フロントミッション5などが途中で置いてある。おろしているので積みゲーとは呼ばないかもだが、これらのゲームは途中で負けておくこととしていた。

 まあ、人付き合いの幅も中学での友達作りがファミコン好きの遊び仲間からゲーマーを自称してゲームで人とつながるってのから、他の趣味の人を考えたら「大丈夫、俺ら(私ら)そんなの一個も知らないわよ」って感じではあるが、どうにかして世の中に待ってもらえたらこれらのゲームもやっつけたいのだが、どんどん年月が過ぎている。

 まあゲームの話ばかり書いたが、俺の一日のゲーム時間はしない日もあるし20分から長くても2時間は行かない。いやホント小学校の時は8時間くらい平気で遊んでいたし、格闘ゲームをゲーセンバイトの勤務時間に観戦して、バイト上がりから他店で閉店までしていたこともあった。今はパソコン机に座ってテレビ見てSNS見てブログ書いて、ぼーっとしたり本読んだりそういう時間が増えた。ギターも4月まで毎日弾いていた。

 けどここいらで、積みゲー、何とかしたいと突然問題である気がしてきたのだ。ゲームを仕事にするなら商品研究というひとつの分野をほっぽらかしていることになる。

 んで俺が最近遊んだので心から面白いと思ったの、息抜きで数分だけ遊んだゲームボーイツインビー、ソロモンズ倶楽部、魂斗羅なのよ。ある意味で俺も深狭い趣味で。

 同じようにマンガも小学校の時に少年ジャンプやコロコロコミックを読んでいたけど、中高でほとんど読まず、40代になってからヤンジャンを1年ほど、モーニングを2ヶ月ほど取って今も部屋の片隅に積んである。

 俺は俺で他の人ではないというアイデンティティをひとたび格闘ゲーマーとして確立したのだが、その道で成功したウメハラをモデルとして頑張るという道が収入も何もなくへし折れて、自分の人生はプランから何から失敗と思い始めるところから病気に蝕まれていったと思うのだが、いわゆる「普通の人」というイメージがモラトリアム人間で何物でもないところが普通という想像から、仕事も趣味も家庭もあって普通とすると自分は相当な劣等生ではないかと不安になったこともあるけど、まあ結婚は出来ていないが収入とか金銭的な指標ではそこまで貧乏ではないと思うんだけど、メシを食う妻子がいないからカネが余っているだけで、稼ぎとしてはまあ人並み以下なんだと思う。月収にすると派遣SEの仕事は東京よりは安いが県下の他業種より高い。でも俺は貯金を始めて親の持ち家で同居だから、働くモチベが低くて月収高くても特に頑張って買いたいものとかも無いのよ。家も広いし車も二台ある。

 ゲームなんてしてらんない、と思うのは仕事をしていない焦りからだが、自分で事業を起こそうと始めたゲーム開発も今は進展がなく勉強しなおしとなっている。ゲームなんてしてらんないって人が作ったゲームは誰がしていられるのかというと、もっとしてらんないゲームなのかというと、そうでもなくボリューム負けですぐ飽きられるのだ。

 ネットで情報洪水という言葉が流行たことがあるが、PS2期のゲームもグルメ向けちょびっとフランス料理店ではなく、メガ盛り傾向のディスクスペースをリソースで埋める系ゲームが多いように思うんだ。もちろん作り手はメガ盛りでもおいしい料理で手も込んでいるんだけど、幾ら何でも遊びきれないゲームが次々と出ている感じ。

 いまネットで生成系AIに求められrている仕事のひとつが要約で、小中学生でも「要約が読みたい」と時短を求める。本でもアニメでもゲームでも、リソース量が多すぎてどうやってそれを消化するのかというのがテーマになりがちだが、それを食料品で考えるとフードロスは問題だが、現実みんな一人前を食ってスーパーデパ地下の食料品は毎晩廃棄されて、それでも経済大国なので余しちゃって大丈夫という罰当たりな現実。

 ゲームアニメマンガなどのコンテンツも消費者としてみると同じ状態で、俺の遊び時間がしない日もあって20分から2時間と先に書いたけど、それが限度でも世の中にはそれを上回る速度で生産が進んでいて、そして店頭に並ぶレベルに達していると売り上げが無くても一定の給料で食える業界であって、よく売れるタイトルの生産者が総取りにならないように出版社とかが作家に割り振っているのだろうと思う。

 俺の場合は35歳の時に開発でもらった3ヶ月の仕事での約100万円がゲーム業界からの「お返し」で、ゲーセンパチンコで100万円は使えるとしても、家ゲーRPG100万円分も買って最後まで遊べるかというと、たったの4本で既にお手上げなのだ。いやACTとかSTGとかモンハンとかロボゲーとかやったって言ってたじゃんって、それ全部足してももらった給料が全然余っちゃうのよ。

 ごめんね、こんな話読ませて。でもこれが俺の現状なの。俺は俺の人生どこか失敗で、けどそれでもしたいことはして来たから満足ではあって「まあ頑張ったじゃない」みたいな慰めを自分に言い聞かせて生きてるんだけど、今後の身の振り方というか過ごし方というか、年は食っていくとしてもそれは今の俺の未来であるわけで、そうさね、勉強しときゃよかったと思う分は後から勉強して、今の勉強はもっと難しいわけだし、ゲームしたことを後悔した程度にはゲームの時間を減らして他の事に当ててる。

 それでも時代に何も追いつかないような感覚になることが時々あるんだ。今はスイッチのスプラ3が気になってんだけど、積みゲーほっぽってそれに飛び移るのにためらいがあるのよ。未来への期待ではなく将来の不安が勉強や仕事の行動原理であるわけで、ゲームしてていいんやという時間は安心に満ちてて幸福感が高い。

 ただ冗長な体験は無駄な時間に思えて生き急ぐ気持ちや焦りが勝ってしまう。そのへん、ぼーっとしている時間とかこうしてブログ書いてる時間もあるわけだから、退屈なゲームをゆっくり遊ぶ時間も持てたら多分良くて、流行りを追うのも何かが違う。

 積みゲー解消と焦らずにまた20分、1時間、2時間、そのゲームの続きを遊んで楽しめたら良いじゃないって気持ちになったらまた楽しく遊べそうだ。それで良いのだ。


🄫1999-2023 id:karmen