ドラゴンを描くはじめの一歩

下手だからといって描かないと上手くならないわけでして。
まずホワイトボードに描いてみて、なにがいけないのか練る。
連れ連れ草、徒然草、ATOK、つれつれぐさは出してよ。
徒然草「能につかんとする人」の段に習い、下手絵を晒します。

はじめの二歩(将棋じゃ二歩は禁じ手じゃー)
西洋竜と中国竜のイメージが混ざっていてよくない。

彩色するとドラゴンボールのシェンロン風。

ポケモンリザードンのオモチャから絵を起こしてみました。
模型から絵をおこすのって仕事の順序を逆流してて楽。
しかしパースの利き方が頭近くて変。

そのまま簡単に彩色。
このまま塗り重ねていくと、なんとなくゲーム素材になりそう。