昨晩は親父とふたりで吉野家のお持ち帰りをいただいた。

親父は72歳で量がしんどいと小盛り。俺の分はアタマの大盛り(肉増しの意)

それにお新香と味噌汁。

夕食が吉野家の時に缶ビールを飲むとほぼほぼ腹を下す経験があるので、近頃は吉野家の時は飲まないようにしていたのだが、俺が飲まないと親父も飲まない。そもそも俺が家でビールを飲みだしたのは親父が注いでくれるようになったから。いや注ぐんではなく缶ビール手渡しだけどさ。

俺がそういう風に家飲みでビールを飲むようになって食事にジョッキ1杯のビールを合わせるのはもはや習慣になったが、そもそも何でビールと言う話になってソーセージに行き着いた。

酒は他にもある。ワインにブランデーに焼酎に泡盛シャンパンや混ぜ物のカクテルなど。

イタリア料理を食うとワインのほうが合うとか、銀河英雄伝説のヤンはブランデーを紅茶で割る。そういう今までのちょっとした知識と実際の生活で選ぶ酒がまだまとまっていない。

吉野家食ってビール飲むと腹下すなら日本酒ならどうだろう」「それやったら1本ある」

俺は親父が冬場に飲んでいた白鶴「まる」を台所でちびちび飲んで空にしたことを明かすと、何と台所の秘密の棚から白鶴がもう1本出てきたのである。

甘いすき焼き風の味付けの牛丼に七味と醤油をかけたお新香、そしてわかめの味噌汁。

これには日本酒が合う。

小さな瓶をふたりでコップ1杯ちびちびと飲みながら牛丼を食った。

今朝はやや軟便ではあるものの夜中に便意はなく、朝飯もコンビニのパンを食って快調だ。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |