そんなこと言ったら相手が傷つくかも

何も考えずに文字をタラタラ打つのは慣れてんだけど、何気ない言葉で傷ついてしまう人もいるのかもなと思うと考えすぎて書けなくなる。俺って相手を変えるためにちょっと傷つける必要があるみたいな考えをしているところがあるんだろうかね。

相手を尊重して自分の方を変える。そんなことばかり色々の人にしていたら水のような流動性の人間にならないか。のれんに腕押しはそれはそれで気持ち悪いもので、頑として譲らない剛性のようなものこそぶつかり甲斐があって安心感にもなる。

人間は脳で考えても結局のところ筋肉を動かすことしか出来ないらしい。キーボードを打つのも筋肉だし、口から言葉を発するのも楽器を奏でるのも筋肉。もちろんグーで殴りますみたいのが筋肉で、考えるということは結局どこも動かさないで堪えることかもしれない。

堪えて聞いて見ているとやがて動かしたいものが変わることはある。ためる時はためて頑張る時は頑張る。筋肉の動かし方を変えるのに勉強をするって何かとても遠いもののように思えるなぁ。知らず知らずに何処かに響いて利いているのか。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |