赤ペン採点

試験勉強で問題演習するときに繰り返し練習するのは効果が高いらしい。
しかし間違った問題を復習するのは良いが解ける問題をやるのは非効率。
ケータイやPC上で問題を解いてすぐ解答を見ての繰り返しでしたが、
試験のように20問まとめて紙に書いて赤ペン採点して復習を始めました。
過去問の成績は年度によるムラがあって知識が古くて新しいのが難しい。
自分の年齢からするとプロマネの試験を受けるのが統計平均らしい。
応用情報の試験でもテクノロジだと辛うじてゲーム制作に接点がある。
それがマネジメントだと社会では役に立つかもしれんが夢とは遠いな。
午後試験は難しいけれどテクノロジ系に絞る方針にしました。
IPAのホームページには受験失敗談が掲載されています。
このブログの過去ログが丸ごと失敗談になりませんように。