ギターマガジン6月号

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2012年 06月号 (CD付き) [雑誌]

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2012年 06月号 (CD付き) [雑誌]

妖怪人間ベムが表紙のギターマガジン6月号(違
就職や進学を考えてる人のガイドブックが付録で、
ミュージシャン以外にも楽器屋の修理職人など、
けっこう現実的な進路の話も書いてあるんだな。
個人的な話プログラマという仕事は傍目から役人的でも、
何万行と言うプログラムを日々分業で打ち込んで行って、
そのうちひと文字でも間違うと徹夜してでも直さないと、
おかしな動きになってしまったりする。
先行投資で上手く回っている会社には暇な部署もある。
けれど、仕事を外出しに頼むようなのは鉄火場ばかり。
プログラムは頭脳労働で肉体労働とは違う。
それが連日徹夜など頼まれたりすると体力勝負となる。
僕の場合はそれでも無理行って休みを取って日延べする。
そうしないと体を壊してしまうからだ。
だから仕事が切れる事もしばしばある。
そんな中で音楽業界の仕事はどんなだろうと気にする。
またプログラムの業界で新しい仕事は探している。
その間に親父の店を手伝う傍ら空いた時間に雑誌を読む。
ギターを抱えている時間より雑誌を読む方が夢は膨らむ。
読んでいるのは現実ではなくステージに見た幻想だろう。