あっという間の1週間でした

電竜戦参加の皆様、お疲れ様でした。

発売に踏み切る前に完全にデバッグしきったと思っていた将棋ベーシック改ですが、トーナメントで色々なソフトと対局できました。

もともと平手で何の調整もなく戦っても苦しいのですが、中にはソフトのダメなところを顕にするような指し手で攻めてくるソフトも有り「お前ら将棋ベーシック改相手にもココまで本気かよ?」と思わされました。

AobaZeroとは予選とB級、習甦にはテスト対局とB級最終戦で2回づつ当たりましたが、どちらも1回目は対局らしいところを見せつつ、2回めには完封されてしまいました。

そして個人的にずっと疑問だった「きふわらべ」の強さは如何程のものなのか、今回きふわらべシリーズとして歴代のきふわらべ9体が大会にエントリーしていますが、まず予選できふわらぎょくと引き分け、そしてきふわらすとには接続不調で負け、本命のきふわらべとはかなりの接戦でこちらが王手を受けて詰むや詰まざるや玉引きの1手をこちらが指す前に時間切れ負け。

唯一、同じく初参加の「十六式いろは改」相手に相手の投了で1勝させてもらいました。あれ詰んでたのかな。

結果1勝1分17敗とまあ、惨敗ですがBリーグ44チーム中40位と終わってみると清々しさがありました。

芝浦将棋相手に桂馬が跳ねて、金取り出来る局面で桂不成を読めない自分のプログラムのサボりで1勝を取れるかも知れない局を逃し、その時に次があるなら直そうと対局中にメモを取り「うわ、メモ取ったw」と外から笑い声が聞こえてきて腹が立って机をぶん殴る場面もありました。統合失調症の幻聴症状だとお医者さんには言われていますが、壁に耳ありで近所に来た人がひたすら家のそばで聞き耳を立てて部屋で何かが起こる一挙手一投足をからかいに来ている感じがしてそれに腹が立つのです。お医者さんが言うように被害妄想なのかも知れませんが。

勝負メシは商店街の「柳神くんまつり」と日がかぶって親父が屋台で買ってきてくれたビーフアンドチーズサンドイッチ。全局終えて結果発表の前に商店街の居酒屋さんから差し入れでもらった焼き鳥をレンジでチンして缶ビールを飲みました。

ずっと放っていて見る専門のAI将棋でしたが、参加に踏み切って良かったです。

参加者の皆様、運営の皆様、そして応援してくださった皆様、こんな風に自分のブログに書いて届くのかは分かりませんが、この場で御礼を申し上げます。ありがとうございました。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |