地域の防災訓練に招集されたのだが

公民館である大和郡山市の三の丸会館に着くと公民館祭りと称して屋台などが出ており、防災訓練に参加したというよりは市がJアラートを使って宣伝したような格好に見て取った。肝心の防災訓練の方は集めてすぐ解散。これでは参加率が問題になるのも仕方ないと思う。

ブログのアクセスログに外国の情報が混ざっていて。アラブ首長国連邦トルコ共和国などから俺のブログに何の用事かと思ってしまうが、格闘ゲームの話が主軸であったのでネット対戦が盛んなアメリカ、韓国などからゲームの話で検索にかかるのはまあ分かるし、特にネオジオはブラジルなどでも盛んに遊ばれているわけだけど、最近はソニックウイングスエースコンバットなど戦闘機モノに凝っているので、いやこれエースコンバットとか中東の経済規模でゲームでパイロット養成して編隊でも組まれた日には国際的な軍事情勢が変わったりしないのかと一抹の不安がよぎる。

9.11テロが起こったときには「どうやってアルカイダはテロ構成員をパイロットに送り込めたのか?」みたいなことが議論されたが、タイトーの「ジェットでGO」くらいで航空機の操縦訓練として充分だったのではないかとも考えられるよな。

エースコンバット6では無線ジャックによるプロパガンダ放送などもあって、以前のように無線の命令を聞いて飛んでいるだけでクリアできるというものでもなく、事前の作戦通達と戦況を自分で把握して臨まないと無線の言うことを聞いていたらデマで作戦とは別の場所から「攻撃にあっているから援軍に来てくれ」と指示が入り、そっちに飛ぶと本拠地が爆撃されたというようなことも起こっているので、Jアラートを受けて防災訓練に言ってみたら公民館まつりでした、みたいな事案には「してやられた」という感情が起きる。

防災訓練の参加賞であるウェットティッシュ1枚をもらって帰り、これは防災訓練なんかよりカロリーメイトの買いだめのほうが役に立つかもしれないと思った。そういう個々の本当の意味での防災意識を高めるための役に立たないJアラートだったとすると市政も捨て置けないわけだが、普通に考えて防災訓練の参加率の数字が悪いと格好悪いので催し物で客を集めて数字を上げて報告したいという意図が透けて見えて嫌だった。