嘘か誠か

同級生に合コンに誘われた俺はその同級生が自慢話ばかりして気分が悪かったので株で儲けた話でもしてやろうと「株で儲けて〜」と話を始めると「ウソだ」といったものだから「ウソと言うならその証拠でもあるのか」と言った後に「大体お前な、酒の席の話にウソか本当かを求めたらどういうことになるか今から教えてやろう」「君は合コンの席で自分が薬剤師だと言ったが君は今居酒屋で普段着でビールを飲んでいるだけで薬剤師に見える要素なんてなにひとつないんだぞ」ジョッキを片手に「僕は今コップを持って」と言ってからジョッキをテーブルに置いて「ない」「僕は今コップを持っていない。しかし言葉を発し始める前にはコップは持っていた。コップを持ちながら『僕は今コップを』と言ってからコップをテーブルに置いて『ない』と言ったんだ」「人間が体験する事象はどれも簡単な言葉で説明出来る場合もあるがコップを置いたと聞いてもそのコップがジョッキ型かグラス型かは分からないものだし、話し言葉や書き言葉になる間に情報量が欠落して伝えたつもりや知ったつもりになっていても大抵はぼんやりとした輪郭程度のことしかわかっていないのが当然なのに酒の席での人の話に本当かウソかを求めている君の神経はどうかしている」といったら後にその合コンに来ていた人から統合失調症になったらしいという噂を聞いたのですが真偽のほどは分かりません。


これをまあ、酒の席で早口で言ったら皆きょとんとしていて、その後にテレビのリーガルハイを見てから「あれではいかんな」と思って人にはやさしく話して、難しい事は文書で伝える事にしています。


そして、株で儲かると言うのは本当なのかと言う事をトレードの風景をニコニコ生放送のゲーム実況のようにやることも考えましたが、現在の時点で部屋に人を読んでその風景を見てもらうと「まず、教えてもらっても君と同じ速さででパソコンを操作する事は普通の人には到底出来ない」という指摘を受ける所まで来ています。でもウソをついて騙して誰かに株を買わせたとしてその人が損をしてもその損の分自分が儲かるような仕組みでない事は伝えたいです。色々の銘柄を分散投資してその値動きをパソコンでチェックして現金を増やしながら見込み収益も増やすと言う。デイトレードと言う言葉がありますが俺は基本的に1年保有を見込んでトレードするのでイヤートレードなのですが、トレードの瞬間だけを画面に出すともやはミニッツトレードやセカンドトレードというレベルになってきます。それを終値まで見届けた後に何をしていたのかを後から半日かけて思考経路を文章に起こすとしても、その何故なのかを読める文章に落とす作業と言うのは到底ブログ1日分ではカバーしきれないです。


簡単に方向性だけを説明すると配当利回りといって現在の株価から企業予想の期末配当金のパーセンテージに着目して、買って持っていれば期末にもらえる配当金が高そうな会社に着目して買い始め、それは下がったら利回りが良くなる見込みなので追い足しのナンピン買いをするか検討して売る事はせず、上がっても利回りが小さくなるようなら売って利益確定をしてから他にそのお金で買える高配当株が無いか探して買い替える。このとき現金不足で追加の投資がいるような売り買いは絶対にやらずに持ち株の範囲だけでトレードしています。


それをYahoo!ファイナンスでどのように見たら良いのか画面説明を付けて記事にすることも少し考えましたが、まあ画面説明から入らないと行けない人にまで読んで分からそうと言う気は今はありません。今日のブログを読めば充分だろうと思います。


その損益は2年で1割強の見込み収益です。(全部現金ではないので時価で得をしていると言う捉え方になります)しかし、それを読んだ人がウソだと思ったら証明するために売買履歴を写真で乗せたりとか、考えるだけで馬鹿らしいので、世の中にはノンフィクションのブログがあるらしいという噂話にでもなれば良いほうかなと。教えて欲しい方がいれば一緒にお金持ちになって豪遊の旅にいつか一緒に行きたいと思っているので、積極的に尋ねてもらえたら全部やり方は伝授するくらいの気持ちではいます。でも世の中絶対儲かるなんて滅多に有り得ないし、ウソの話で損させて儲ける業者も俺と同じような話の入り方を手口にして俺が本当のことを言ってるのにウソの業者とそっくりにされるというリスクもあるので、まあ、なかなか思い通りにはいかないでしょう。


気がつくと2画面くらいスクロールする長文になってしまいましたが、これが俺のヒトコトです。

広告を非表示にする