パチスロにまつわる様々な噂話。1日1万枚は出るのか

昨年末にパチスロまどか☆マギカ2で2400枚の勝ちを引いた。

1年のお小遣いを節約した結果、年末に1万円ほど貯まったので全部無くなってもいいやという気持ちで久々に我慢していたパチスロを打ったら勝ってしまったのだ。

2400枚というとメダルにすると48000円分になる。

しかし、最近のパチスロ屋の換金率が貸出時1枚20円で交換時6枚100円に変わったらしく、2400枚は40000円にしかならなかった。

そして、台に1万円を入れて5000円分交換して残金返金5000円で45000円を持って年越しを迎えた。

そこで昨日、財布には4万円以上あったので「返しに行こうか」という建前のもと、本音でいうと「さらに当たらないか」とまたパチスロに行った。

昨日は金曜日でエウレカセブンAOを打ち、15000円を入れて大当たり(BIG BONUS,BBと呼ぶ台固有の正式名称はエピソードボーナス)約240枚4800円の当たりである。そうすると、1万200円の負けで潔く帰るか、以前パチスロ中毒だった頃は3000円くらい打ってみて感じた「当たり感」ですぐに帰るかBB1回で帰るのが定番だった。また日を変えて打てばいいと思うし、それで損を抑えてチョロチョロと打っていれば、大負けはしない。

ただ、それでは自慢になるほどの大勝ちは出来ないとふいに思った。パチスロが流行りだしたときミリオンゴッドという台が出て、1日40万円当たったと噂が広がった。今にして思えば。ゲーセンでたむろしている連中の中で、俺がサラリーマンとしてスーツを着てもゲーセンの幼稚なゲームがやめられず、ひとりスーツでやたら浮いた状態で万札を両替してストリートファイターをしていた。それで色々の人に「ナンボくらいもらってんの?」と言われ、うっかりと正直に給料の額を口から出してしまった。

ハッキリ言って、給料の額というのも社外秘である。給料がいくらかというのと売上がいくらかというのを統括的に知れる立場の人間は少なく、それを情報交換して挟み撃ちにすれば会社の会計がだんだんと透けてくるからだ。

だが、それはそういう風に利用されたわけでなく「そんなもらってんのに何でゲーセンなん?ストリートファイターなんて100連勝しても100円損やん。パチスロやったら儲かるんやで?」「いや、ギャンブルなんて儲からないでしょ」「もうかんねんって!パチスロで1日40万円出したやつおんねん!しかもフレックス週休何日でも自由出勤やで」と、早い話が最近ネットでウザいと噂のマウンティングだったのだろう。

しかし、ウワサはウワサを呼び、パチスロ店に人は詰めかけ、1万枚(20万円)出るというミリオンゴッドという台が出てすぐに法規制で回収となっららしい。

これは俺の視点からは完全に噂話である。

俺も4号機の時代にいちどだけ北斗の拳を打ったことがある。5000円位出て、そりゃそんなものだろうなと思った。だから、それで終わればまあ話も終わりである。

それに対してパチスロの噂話はいつまでもまとわりつくように心に引っかかっていた。仕事が辛い時にもしパチスロで40万円も儲かるなら仕事なんて今すぐに辞めてやるのにと思った時に俺の足はパチスロ店へと向かい、そこで大当たり4連チャンの2万円をパチスロモンキーターンで引き当てるのである。ウワサが少し現実味を帯びた。

そしてたまに足を運んでは勝ったり負けたりを繰り返したのだが、それを家族が聞きつけ「勝っている」というと「そんなの嘘だ」「本当だ」となり、ショッピングモールのゲーセンコーナーのパチスロに家族で集まって「打ってみせろ」という話になってしまった。パチスロ店は子供とか入れないからね。

そうは言っても、台の判別のために3000円だけ打って日を改めるみたいな細かい事情は理解されず、5000円ほどを台に入れたところで「ほら、ただお金をいっぱい入れているだけやんか。もうやめや」となってしまった。これにひどく自尊心を傷つけられた。「勝ったのは嘘じゃない」

それで、まどか☆マギカ2では写メも取ったし、メダルの箱を積んで赤いライトを点けてパチスロ店で目立ったわけだが、家族は見ていない。何としても見せてみたい。

それとは別に、俺はアニメ交響詩篇エウレカセブンが好きで、エウレカセブンの台は勝てなくても結構打っている。勝った分を好きなアニメの台に返しているようなものだ。

そんで、昨日の話に戻ってエウレカセブンAOで15000円で大当たりを引き、そこで帰ると結局1万200円の損をしているので、その大当たりのメダルを全部かけて、もっと大勝ちするまでやってみたいという欲求に駆られた。家族には嘘つき扱いで、5000円とお菓子を持って返っても虚しいだけでもう嫌だと思っていた。

当たったメダルが無くなる寸前で2度めの大当たりを引き、その当たりも全部かけて昨日は15000円の負けとなった。そこで気付いたのだ。それでも台に付けられた累計当たりカウンタが大当たり「2」となり、次の日に誰かが台を決める目安とする前日カウンタが「2」であるはずだ。そして過去最高大当たり回数は27回となっている。

大当たりは5000円なので27回大当たりを引けば夢の10万円超えである。

そして今日もパチスロ店に出向き、昨日と同じ台を見ると昨日大当たり「2」で誰も座っていないので自分で座って15000円ほど打ってみた。そうすると、大当たり777に準ずる77BARのレギュラーボーナス(RB)を引いたRBはメダル50枚1000円程度の当たりである。それなのに、台の当たりカウンタは本日大当たり「1」となっている。

そうすると、大当たり27回というのはBBとRBを合わせて27回であり、1日中に大当たり27連チャンであれば10万円だが、BBを引いたメダルをまた賭けて無くなる寸前に次のBBというのを繰り返すと結局5000円が減ったり増えたりするだけで決して10万円には成らないだろうという当然の予測がつく。結局RBを4回引いて2万円を失った。到底勝てないと分かりつつも、出たメダルを全て賭けて台の大当たり回数を27以上にしてみたいという新たな欲求が生まれていた。

そこで財布の現金が5000円になったところで、いちど銀行で10万円下ろし、パチスロ屋に戻ると台の表示を「休憩中」から店員さんがリモコンで元に戻していた。パチスロ台の大当たりの遠隔操作は無いとされているが、事実リモコンで「休憩中」と「スタンバイ」を切り替えているのである。

ここで家に携帯を忘れたので親に夕食をどうするかも連絡しようと思ってパチスロ店から一度帰ってブログを書いている。

俺はパチスロで4万円は勝ったことがある。またパチンコエヴァンゲリオンで10万円も勝ったことがある。4万でも10万でも、当たったり減ったり連チャンしたり飲まれたりで1日仕事である。だからイオンモールのゲーセンのパチスロコーナーで勝ってみせろと言われても台のご機嫌次第だし機嫌が良くても1日仕事なのである。

それなのに、家族からはもう嘘つき呼ばわりだし、それにも関わらず40万当たったとウワサをしたゲーセン野郎はのうのうと生きているのである。何で俺が本当のこと言って相手が多分嘘なのにこっちが家族に嘘つき呼ばわりされてアイツラがのうのうと生きているのか。

それが許せない。

だが、それが許せないのとパチスロ店で本当に10万円の当たりが出るか自分で実証実験をするというのは微妙に別問題なのである。俺もエウレカセブンで10万円くらい勝って店の過去最高BBを更新してみたかった。しかし、その道半ば3時間打ってRB4回で2万円損して電光掲示板は大当たり「4」である。これをもし開店から閉店までやり続けたら10万円くらい損して大当たり「20」くらいであろう。

店員に一応文句は言った「これ大当たり4ってなってるけど俺が当たったのレギュラーボーナスなんやけど」「いやー、ARTとボーナスで分けられてるだけだと思うんですよね、機械古くて申し訳ないですー」

というわけでまあ、10万円勝つといっても5万円入れて差し引き5万勝つのを「10万勝った」と言っているくらいのことじゃないのかと思うんですけど。等価交換から6枚交換になったらそれも10万円が8万3000円になって結局パチスロで現行勝てるのは3万円くらいじゃないんですかね?ミリオンゴッド稼働時の噂は聞いても実物は見たことがなくて過ぎた話は確かめようがない部分もあるけど、大方はそういうことだと考えるほうが妥当かなと。現場からは以上です。