中国ウルトラマンのボディーペイントは残念なんだけど

イギリスでKISSが流行ったら日本でも聖飢魔IIが作られたわけだし、キングコングが流行ったらゴジラガメラを作ったわけで、機械なんかで言うと特許回避と言って日本式はルールは守っているという建前で抜け穴的に真似てきたわけだよね。それらは日本は良いと思ってるけど先進国からは確かにルールはギリギリ守っているから文句をつけにくくてムキーって思われてたわけで、中国が日本を真似てきた時に倫理観が違うのに日本はこうやってきたから中国もそうしろってことは言えないと思うの。

そんだけ先進的なものってのはその新しさを際だたせるためにモノを作る側の人間がルールを作って守ってきてるものなんだと、最近のバラエティ番組で大物歌手や先輩芸人が立ててもらえる存在ではなくいじられる存在として扱われる様に思うところです。

どちらかというとフォルクスワーゲンのコマーシャルで未来の乗り物に乗っているのが中国人の壮年夫婦で、これヲタ的に見てたら「特撮だろうな」って思うけど信じちゃう人が「フォルクスワーゲンってすげえ!」思ってしまったら、それは戦争だなと。トリック映像で脅して凄いと思わせて未来に投資する思いで現状製品を買う人を騙しているんですよね。

そういう意味では中国ウルトラマンは日本のトリックをある程度は見抜いているわけだから映像的に残念な部分についてはパクるなって意味ではなく、本家を名乗るならもうちょっと美意識を理解して上手いことやってほしいって感想と、利権をどうするかって問題がないまぜになって残念だって思うのよね。

バイキングの小峠さんがアイアンマンスーツから顔を出してたら俺は残念なんだけど、アメリカはそうしてくれているわけで日本も早く中国にウルトラマンのスーツ送ってあげたら良いんじゃないんですか?裁判して潰すとかそういう路線じゃなくてさ。