それぞれのジャスティス

キムカッファンが初めて登場したのは俺が中学の頃の餓狼伝説2。

当時は愛国嫌韓であったので吉田栄作的ヘアスタイルのキムカッファンが韓国代表であること、それを見たゲーセン民から「お前、キムカッファンや!」などと言われて何となく嫌な気分がしながらも、餓狼伝説2自体は面白いと思って遊んでいた。

キムと言えば熱血漢で正義感を持ったキャラであり、当時の俺は清廉潔白で自分は悪いことなどしていないと思い込んでいるタイプだった。そういう俺にゲーセン民は悪いことを教えようとして、それが相手の思い通りにならず互いにゲームでやり合う。それでも相手が店のサクラなら俺を怒らせればゲームにムキになるので100円取れるという計算はあったかもしれない。

この熱血漢で正義感というキャラは分かりやすくて悪くはないのだが、日本は非常に治安がよく、それゆえ皆が純粋無垢に正義を保っていて一度でも罪を背負った人間は社会復帰を許されない居場所のない空気感がある。確かに犯罪は善良な市民にとては迷惑で、犯罪を正当化する気はないが、やんごとなき事情で犯罪に追い込まれた人が社会復帰できないのを利用してヤクザが無害な人に一度犯罪をさせて社会復帰できなくなった弱みにつけ込んでコマとして次々と犯罪を繰り返させるという裏社会の暗黙のルールはあると思う。

そういう意味ではキムカッファンはKOF94で登場したチョイ・ボンゲチャン・コーハンという2人の犯罪者の更生に尽力しており、在日韓国人は日本国民でないというだけで言われなく犯罪者のようなレッテルを貼られており、俺は姿が似ているという点でキムカッファン扱いされながら、当時はそれは嫌だったが、愛国嫌韓の人ではなくグローバル社会の人となるためには日本社会が排他的なのはなぜかと、排他的になる前の構成はどのように形成されるのかに今とても興味関心がある。

まあ、簡単な話、学校時代からの同級生に先輩後輩、就職してからの関係などがあって、新卒採用に漏れた人は正規雇用がなくハロワに行くしか無い、その経験をしたことがない所謂正規ルート民はウチラの社会を形成して排他的な対外的な正義を建前として保ち続けているよな。

実はゲームは日本国民は日本産だと思っていてアメリカ国民はアメリカ産だと思っているが韓国でも多く作られている。だからゲーム業界で働くというのは任天堂の正社員くらいまで行けば夢の花形であるが、大体はパチンコメーカーの脱税の片棒を担ぐような仕事だと思って良いかもしれない。善良な日本人が背負える業では無いのだ。

俺は清廉潔白な人でも愛国嫌韓も外国から見れば罪になる場合もあると考えている。主役のリュウを取って敵キャラクターを全部やっつけるのも面白いが、テリー・キム・ガイルというチームのキャラとしての立ち位置で遊ぶ面白さも分かってきた。

テリーとキムの掛け合いで「キム、話があるって?」「チーム名をジャスティスにしましょう」という台詞がガイルの入るチームで出てくるのが妙に可笑しくって。ガイルは軍人なので戦争とあらば殺人を犯す可能性だってあるのにジャスティスなわけで。

タロットカードのジャスティスにはタロット占いの本でどんな意味があるんだろうと引いてみると、天秤で罪を量って剣で裁く女神の絵が描かれている。剣で裁くということは死刑なわけだが、現代社会では大小様々な罪が量刑されて償った人間は罪を許される。そこへきて、罪を償った元罪人がどうやっても復帰できない排他社会ってのはどうなんかなと。

清廉潔白では天秤は片側に寄り切るので、アメリカのジャスティスと中華の正義では意味が違うとものの本で読んだことはあるが、中華の正義が義の有無の中庸であるなら天秤で量刑する西洋のジャスティスもまた釣り合いを意味するのでは無いだろうか。

ちなみにテリーの正義は単なる復讐だったはず。格闘馬鹿のリュウもカッコいいと俺は思うのだが、ゲームを彩る様々のキャラメイクの中で今の自分にテリー・キム・ガイルは合っているのかズレているのか間違いないのはどいつも日本人では無いことだ。レバガチャしてボタン押してぶん殴る蹴り倒すでなく、キャラの背景から外国の思想をたどっていくのも面白いかなと。

餓狼伝説でテリーの復讐はギースの死によって果たされたので餓狼伝説2のボスはヴォルフガング・クラウザーという謎展開なのだが、キムが出てきたおかげでボスに辿り着く前にやっつけないといけないやつの事情は何となく分かる。

それがジャスティスというチームになってカプエス2で戦っているのはな。まあ1990年代の格闘ゲームブームの波に乗らなかった人からすると謎展開だよな。だけどみんな仲良さそうに組んだり戦ったりしてるだけで充分に楽しいんだよ。

今日のカプエス2(コアコア鳳凰脚練習2日目)

キムの小足払い立ち小キック鳳凰脚のトレモ。

練習2日目、3分で3回成功。思ったより上達ペースは早い。

昨日は10分で1回だったのでおよそ10倍の成功率に伸びている。ただし、コアコア鳳凰脚の練習だけで今日の練習が終わるとウォームアップ対戦が出来ていないので、1人用を通してやる練習もどこかに取り入れていきたい。

 

他の高難度コンボとしてはベガでしゃがみ中パンチ(先行溜め入力)大ダブルニーからメガサイコクラッシャーで拾うというコンボ。

これはドルフィンのカプエス2EOがスペック的にスロー再生になるのでスロー状態での正確な入力で一度だけ成功した。しかしメガサイコはカス当たり。フルヒットになるタイミングはあるのだろうか。

 

ただし、これらのコンボは自分で挑んでみた人からは高難度なのが分かっているから参加者受けはするのだが、視聴者からすると「そういうのコンボになるんやなー」とか、ひいては「あのコンボ決まったらこんだけ減る、強すぎやん」という反感にもなる。

 

ふと、ストIII3rdが道頓堀カマロで稼働を始めた日のことを思い出した。俺は春麗で40連勝中、対戦相手の側には行列ができていた。そして41試合目で破れた時に店の外まで漏れるほど大歓声が起こって人垣ができ「あの人勝ったん?」「すごいなー」と相手側が称賛されていたが、その時に店を覗いた人から見ると俺は40連勝の防衛中であることは伝わっていなかっただろうと思うんだよね。そりゃ相手のほうが有名になるという。

 

コアコア鳳凰脚を練習しても末路としてはインチキ技を使う悪役になりそうな気はする。それでも、練習して確実に決まるようになっていく細かいシーケンスの上達の快感があるので、たぶんもうちょっと練習するんだろうな。披露の仕方を考えておくべきか。披露する日は来るのか来ないのかも今はわからないが。

 

f:id:karmen:20181022100827j:plain

カプエス2のエンディングは含みがあって曲も暗いのでボタンを押して飛ばすと音楽だけ引いている人からはゲームオーバーであるかのように聞こえる。しかし、曲を最後まで聞いて画面を見ると鬱エンドの中に暗雲から一筋の光が差し、雲間に見える晴天まであと少しというところでカプコンのロゴが出て終わる。

稼働時は2001年なので17年前。17年前に1年間くらいやりこんで、2013年にアマゾンで新品を買って5年間やり込んだが、結局の所はこれ以上のエンディングは見つからなかった。用意されたエンディングでなく、終わることのない鍛錬の中に見出す喜びという意味ではストIII3rdのリュウのエンディングがいちばん俺のテーマに近かった。あれカッコいいよな。アビオンでストIII3rdを遊んでたりすると、大体は対戦になるんだけど、プログラマーの仕事の合間に社長に名刺刷ってもらって外回りの営業に出てサボってリュウで1人用をクリアしたら後ろでスーツ姿の人がじっと見てて仕事関係の人にバレちゃったかなと思ったらジーンとした顔でエンディング終わったら出ていったの。あの人もやっぱりリュウのエンディングたまたま見て感動したのかもな。

カプエス2の神豪鬼のモデルはウメハラのZERO3のV豪鬼で、オリコンの代わりにレシオ4でダメージが高い。つまりカプエス2の家庭用を持っているということは一家に一台ウメハラと遊べるゲーム台があるようなもん。まあ、近頃はネット対戦があるから本当に光ファイバーウメハラ本人と戦えるのかもだが、俺はラグいのは嫌いだから。

豪鬼と対戦するの楽しいよ?まだワンコインで越せることもあれば負けることもある。勝率的には五分五分くらいじゃないかな。ヤフー知恵袋で「神豪鬼が倒せません」みたいな質問があることも考えると、五分五分で倒せるってことは俺の格ゲーライフも大概の所まで来たんじゃないかな。

エンディングがあっても良いじゃないと思ったから、今日は最後まで見てみた。