小遣いは少ない

ブログに喫茶店でゆっくりしているコーヒーカップの写真でも載せると「贅沢だ」という批判をもらうことはありますが、基本的に自営手伝いで小遣いは少なくそのかわり自由時間が長いだけです。


以前は会社員として、退社後はフリーランサーとしてプログラマーをしていました。離れた今も勤めていた会社(シャープの下請けの有限会社F)から案件情報というのが届きます。転載します。

案件紹介

<案件詳細>

案件1:複合機エンジン開発
期間:4月〜3ケ月単位契約で長期
スキル:iTRON,C++,デバイス系開発経験があれば尚可
場所:玉造

案件2:エコ関連システム開発
期間:即日および4月〜長期
スキル:JAVA上級PG JAVAのテクニカル系【難易度ある
    製造経験があり自分で調べて作りこんでいける人材】
    画面系でなくサイト系、パネル系等の裏側で動いている
    制御プログラム経験者
場所:西三荘もしくは本町

案件3:医療系システム開発
期間:即日もしくは4月〜5月末(延長の可能性あり)
スキル:GUI系でC++経験
     Qt(キュート)C++フレームワーク経験あれば尚可
場所:本町

案件4:販売管理システム開発
期間:4月〜6月(延長の可能性あり)
スキル:C♯.NETとデータベース(種類は問わず)経験
場所:本町

このくらいの情報しか事前に示されず、報酬は3ヶ月先の後払いです(1ヶ月単位で精算され翌々月払い)請けると決めるとスーツを着て客先に出向します。


たとえば案件1ならば玉造であることから京セラミタだと想像出来ます。相手は相手でシャープの技術者がフリーランサーに転向したことを見越して、技術者を買い取って自社製品を同じ技術レベルまで押し上げようと言う魂胆でしょう。シャープに愛社精神があれば秘密を守りたいところですが、リストラされているので現金がもらえるなら、行ってもいいかなと。


案件2は西三荘で初耳ですがGoogle地図を見ると旧パナソニック工場があります。しかしエコシステムというだけでは何の仕事かわかりません。パネル制御と言う組み込みを思わせるキーワードと組み込み言語ではないJAVAが両方記載されており益々何かわかりません。要件が定まらず「作り込める人」というワードから開発中でターゲットも定まっていないデスマーチの印象です。しかし運が良ければ基礎開発で創造の余地がある仕事かもしれません。しかし、君子あやうきに近寄らずです。パナソニックはもう優良企業ではありません。


案件3は本町のオフィス街で会社はたくさんあって特定出来ませんが、医療系の下請けは良く見かけます。病院のパソコンを買い替えたからそれに合わせてシステムを組み替えるとか、診療点数の法改正でシステムをそれに合わせるとか、そういう仕事でしょう。お医者さんの電子カルテや薬局に出す処方箋のプリンター出力などは現在大半が自動化されています。プログラムのおかげでお医者さんも事務員さんもボタン操作で事務仕事が終わるんですね。


案件4も珍しくない販売管理で本町だから会社も特定できません。この手の仕事はデータベース設計とそれを表示する画面設計でやることが決まり切っているパターンが多いです。そういう仕事が外注されるというのは発注側がプログラムの分かる社員を抱えずに必要なときだけ集めている証拠なので延長可能性有りというキーワードにはダマされては行けません。短期の缶詰作業が待っているでしょう。


ようするに、フリーランサーになってもロクな仕事はないわけです。ブラックです。会社というのは製造原価と客に売るお金から利益をとってそれを社員に分配しますから、システム開発の場合プログラマーに払う報酬がそのまま原価といっても差し障り無く、エンドユーザーに提案出来るならともかくメーカーの下請けなら製品単価から割りを食った原価精算がなされるので、報酬はどんどん値切られます。だから辞めました。


余計なものを買わずに親同居の二世帯住宅で家賃も無く貯金すれば三十代でも充分な貯金ができます。それを株式投資に充てて親の自営を手伝いながら少ない小遣いで働く時間を減らして暮らしているのです。だから小遣いを少しでも増やせたらとブログにはアフィリエイト広告を使って趣味と実益を兼ねたゲーム制作などが店番がてらの副業になっています。


どうしても行かないので、社長が人脈を使ってゲーム制作の仕事を取ってきてくれたことがあります。その時は請けました。そしてゲーム会社もブラックだと思い知ったまでです。もともと社会的に必需性の無い娯楽分野で利益を出しているから、それ相応の仕事量があるのは納得ですし、任天堂バーチャルコンソールで500円から1000円くらいの単価を取っているのでゲームボーイアドバンスのゲームのスマホ移植がそれより少し高い単価というのは買い手に取って分かりやすい値段だなとは思いました。しかし作り手には月単位の作業に対する報酬のみで1本いくらの印税のようなものもあるわけでなく、ゲームプログラムでひと山当てる夢を見るなら借金でもして会社を作ってゲーム会社の社長となってから新しいタイトルを打ち立てなくてはならず、並々ならない強運が必要だろうと思いますね。宝くじよりは分がいいと言えどギャンブルです。

広告を非表示にする