100戦突破


ゲームをしていると頭が冴える説。さいきん睡眠時間が減った。そして寝覚めが良い。実は病気で薬を飲まないと夜寝られないのだが、治ると良いな。ゲームセラピーだわ。薬の副作用で寝過ぎだったのが8時間睡眠くらいになった。ひどい時は12時間くらい寝ていた。



朝起きると昨日までのカルドセプト熱が嘘みたく感じるが、朝食をとってタバコを吸ってコーヒーを飲んでも朝はまだまだ長く3DSの電源を入れる。昨日書いたように火属性のカードはコンプした。地水風はまだ歯抜けがある。


カルドセプトの公式全国優勝は地属性であり、1年半経ったいまも掲示板では地属性の人気が伺える。火風が攻め(侵略)で地水は守りだ。それなのにケルベロスは地属性でありながら侵略に最高得点級のカードで、地属性が何か優遇されているのは間違いない。サターンの時からそうだった。コンピューターではリエッタがケルベロスを使った火地ブックなので、練習相手に良い。人気カードのイビルブラストもリエッタが落とす。HP30をマップで落とせるのはちょっと強すぎるのか、シリーズでコスト100G〜120Gを行ったり来たり。明らかに単体で効果のあるカードを全部入れたようなブックが強いのはそれはそうだろうが、ゲームとしては複雑にカードの効果が絡み合っているほうが好きだ。まあ、ケルベロスも武器を持って初めて強力ではあるんだが。


御託を並べるよりは黙々遊んだ方がカードは集まるが、俺はゲームをする時と同じくらいゲームをしていない時にゲームのことを考えるのが好きだ。




デコイを入手。カード総数は1000枚超え。無属性と水属性はコンプリートまであと少し。面白いのは新しいカードが手に入るうちで、全部集まったら集める楽しみはひとつ失われる。マジック仲間でサターン版で遊んでいた時は1人用をやりこんだO君が強くて、このデコイのカードが印象に残った。巻物をブックに入れていないので、本当にどうしようもないと思ったものだ。O君はアクションゲームは苦手だけど戦略ゲームではほとんどいつも俺が教えてもらうこと側だった。



マイコロンでダムウッドの森をキノコまみれにした図。


レシピを変えず20戦以上試した結果、光らなかったカードを数枚入れ替えてそれからザゴル戦全勝。新しいブックも固まったら全マップで戦わせて勝率を出してみたいが、まあ先は長い。カードが集まったら入れたいカードが増えるかも知れんしな。新しく入れたカードは軒並み活躍しているから、それはそれで良し。




新マイコロンブック。主な変更はミスティックとスラッジタイタンをコロッサスに。ひねり無しで効く。それからGアメーバをスレイプニルに。風属性だけどスレイプニルとマイコロンの相性は抜群。数回試してみてスレイプニルとコロッサスは確定の働き。ソードは実験。そしてスペルカードは枚数が揃うと微調整する予定。やっぱ勝てる方が楽しい。



リビングソードの実験成功の図。


コロッサスはアイテムが使えないのに何故かリビング系だけ使えるのよな。コロッサス2枚にリビングソード1枚だから頻繁には使えないものの、一度手札に来たら大事に取っておくとST100の侵略もデッキの可能性に含まれる。コロッサス4枚リビングソード4枚とかのデッキを考えると普通にサムライ4枚マサムネ4枚で110GでST100達成するので、やはりマイコロンから出発してのこの構成。しかし侵略で勝ってしまうとキノコが増えないので嬉しくない。強いデッキというのはそういうものだ。やりたいことが上手く行かなくても勝てる道があって、ハマる時はハマる。必ず何かのパターンに持ち込んで勝とうとすると柔軟性が出ない。


コロッサスとリビングソードのコンボがあまりに良く決まるのでマイコロンにナイトまで入れて風水キノコブックまでやってみたが、ちぐはぐになって終了した。あまり役に立たないGアメーバとミスティックでも撒きとしては機能しているので、あくまでキノコパーミッションを楽しむためのブックであった。その初心が忘れ去られてしまったのだ。キノコを増やすと面白い。そのため目標金額を達成せずゲームを続けてキノコを増やしている勝ち状態の維持が主目的で、ゲームに勝ってしまうと楽しい時間は終わる。ある友人はマジックオンラインで「パーミッションデッキでこれからが楽しいという所ですぐ投了されてつまんないんですよ」というようなことを言っていて、キノコブックに混ざってしまったコロッサスはそういう領域。


まあ、もっとレシピを変えずに回してみるべきなんだろうさ。そのうち新しいものが見えてくるかもしれん。



そうこうしているうちに神主のアバターを入手。100戦を突破した。


まさに言葉通り百戦錬磨になったわけだが、このゲームの奥深さからすると100戦でも少ないような印象はある。マイコロンブックはカード不揃いのせいもあってやり込めばやり込むだけ強くなって行く楽しみがあったが、今のレシピは何か替えると彼方が立たずと、線形にはもう強くならない。何か狙いを決めてそれが成功したら良しとする他無い。


パウダーイーターも1枚手に入れた。このカードはマイコロンほど好きではないが人気のネタブック要員。




悩んだ末にコロ助をミスティックに戻す。これで元のレシピに近づいた。クリーチャーはスラッジタイタンがコロ助になりGアメーバがスレイプニルという変更。装備品はスケイルアーマーがゴッソリ無くなってシャドウアーマーとダイヤアーマーが増えて1枚は遊びのリビングソードに。スペルはチャリティを1枚リベレーションに変更。


そうするとブックの使い勝手はほぼそのままにアップグレードした感じ。コロッサスとリビングソードは決まると大きいが狙っていると手札を2枚殺して運用せねばならんからマイコロンとしての機動性が落ちてしまう。ラッキーパンチとして1枚ずつ引き合えば使う程度。リビングシールドは試していないけれどスケイルアーマーのHP40でも心細いのでHP30はおそらく実用外。キノコに使った時の話ね。

広告を非表示にする