思い出のカプエス2

カプエス2には色々の思い出があるけど、その中で気持ちよかったのはゲーマーでない飲み友達が「ゲーセン行こうや」と誘ってくれてハイテクセガアビオンに行くと台に人だかりが出来ていてCグルーブの草薙京八神庵ロレントのチームで15連勝した時だった。当時は100連勝くらいしないと気がすまなくて、友達がずっと「すごいな!ミヤザワ君こんなゲーム上手いんや」「いや、アビオンのお客さんは普通に遊んでる人ばっかりやから」と返していたが、じゃあ普通に遊んでいないゲーマーって一体何やねんと振り返ると、あれくらいで多分充分だったんだよ。

そしてカプエスの連勝が止められたあとにシューティングコーナーで怒首領蜂をクリアして見せてやろうとやってみたらラスボスで死んでしまい「あー、こいつ倒したらクリアやってんけどなー」「このゲームどんだけ弾出してくんねん!」

それを思い出して、CではなくPのブロッキング草薙京八神庵ロレントというチームでプレステで遊んでみたら、オリコンでマンネリしてたので新鮮で楽しかった。

あー楽しかったなあ。ネットゲームが流行りだしてからゲーセン行かずに家で遊ぶようになって、それでも満足できてたけど、ゲーセンで台の周りに人だかりができてそこで勝つっての、大会とか無くてもそれだけで毎日気持ちよかったな。ただし閉店まで勝ち続けるでもない限り最後には負けるので、いつも悔しい気持ちでまた練習してた。多くの友達が止めさせようとしてくれてた。それに気づけなかった。

それから15年、近頃はプレステで1日1回と決めてるけど、ときどき寝る前にもう1回、納得行かずにさらにもっかい、そんくらいで今日はもうやめよう、明日またやろうってペースを作れるようになった。

そんでね、カプエスのチームもグルーヴ毎にキャラ相性がベストになるようにって試行錯誤せずに、感覚でグルーヴ決めて、やりたいキャラ選んで、そのグルーヴとキャラの縛りの中でベストの動きを目指すって心構えになってる。本当に楽しい。

それよか羽生結弦最強すぎるよね。テレビ見て感動した。