バグと仕様の解釈の相違

ストリートファイターIII3rdStrikeには有名なバグがあった。
初回生産分の基盤のみに存在して、ゲームが止まってしまうために次回生産分から修正されている。
バグの発生条件は以下のとおり
1:一方のプレイヤーは「まこと」(道着の少女で父親が道場をやっている)
2:一方のプレイヤーは「ケン」(日本の格闘家だが渡米してチャンピオンとなった)
3:ケンがまことを捕まえて膝蹴りでノックアウト勝ち(レバーを離して弱パンチボタンと強パンチボタンの同時押し)
この条件を満たすことでプログラムが終了して画面は暗転し、ゲームは続行不可能となる。

これ、俺が思うにバグじゃないのな。他にキカイダーそっくりの「Q」というキャラクターが存在するが、そいつの中の良心回路が基盤の中に存在するために、いたいけで勝気な少女がチャンピオンに喧嘩を売った所で、子供が産めなくなるような勝ち方をするようでは、基盤を自爆させるしか手立てが見つからないという外部設計なのだ。
内部設計に拘るソフト屋には意味すら分かるまい。