今日のカルドセプト(バルデアスより腰痛のほうが強敵)

自分のこと、内的心因を深掘りしていた。

確かファミコンロッキーだったと思うが、ファミコンソフトをたくさん持っている子供がひとつのゲームのやりこみが甘くて負かされる回があって、子供の頃に親父の商売の関係でファミコンソフトをたくさん持っていた俺は自分が負かされた感覚になりトラウマになった。

ファミコンで「対決する」というのがマンガ的で、本来ファミコンはひとりで遊ぶもの。たまたま読んだマンガに傷を負ったのは今からすると不運というか、パソコンでフロッピーをたくさん持っているほうが金持ちなのだが、ファミコンをいっぱい持っているというのはアイコン的に貧乏人の敵として分かりやすく、利用されたのだ。

子供の頃のマンガ体験からゲームをたくさん持っていても、何かで勝負を挑まれたら勝たなければという強迫観念がストリートファイターをやりこんだりしたのにも響いていると思う。

そういう意味では、カルドセプトはかなり充分遊んだと思う。10面でクリアのゲームを100回遊んだのだから。裏面まで全部勝っても20勝でクリア。それを100試合以上遊んだから。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |