今日のカプエス2(ストZERO3の頃からのISM論争)

まあ「論争」というほど論議の立った話ではないのですが。

それまでアーケード対戦を中心に作られたカプコン2D格闘ゲーム岡本吉起の「8割同じで2割の違いを楽しませる」という方式に則って「ストII強いやつが強い」ゲームでした。

対してストZERO3のテーマは「破壊と創造」で、ほぼ無敵だったガードに対してガードクラッシュが付き、技同士がかち合った時に攻撃判定と暗い判定の矩形の重なり合わせでそれまで「相打ち」の判定になる所を「攻撃力の高い技のほうが打ち勝つ」という細かい要素、また投げ技のコマンド化と弱体化で、打撃戦を楽しめる新基軸のゲームでした。

しかしウケは悪く、アーケードのインカムはいまいち、家庭用の発売は早い目で、加えてマイクロソフトウインドウズ95の発売によるインターネットの各家庭への普及から、ネットにストZERO3やりたい人のコミュが形成されて、そこにストIIからの古株(といっても25歳から30歳後半くらい)と家庭用メインの新規勢でXZ-ISMでストII風に遊ぶ人とV-ISMでストZERO3ならではの戦い方をする人に分かれて張り合っていたんですよね。

決着としてはV-ISMの新規勢の勝利で、しかしその戦い方がオリコン主軸でゲージを消極的な方法つまり逃げジャンプ空中竜巻や投げの空振りモーションなどで仕様の穴をつくように貯めて、ワンコマ発動の無敵時間をぶっ放し、それから受け身不能の一方的なコンボを家庭用で練習した通りに決めて勝つという運びでした。

そこで、最初はXZ-ISM側は負けて悔しいからオリコンは反則みたいな雰囲気もあったのですが、そういうクレバーな戦い方ではなく、ストII的な戦い方でオリコンも使いこなす究極超人みたいなプレイを見てみたいというような要望が挙がってきたんですよね。

まあ、とても自信過剰なのを承知で、自分がストII上手いと思うなら、自分がV-ISMを極めたら他人に頼らず究極プレイを見られるじゃないと、過去にV豪鬼に挑戦したこともあるのですが。

それで、今やっているカプエス2でそろそろオリコンの威力に頼らず通常技でも充分勝てて、ストIIの戦い方とオリコンが足し合わされるとどうなるかというところを体現できていると思うんですよね。だけど、全く最初は自覚がなかったんです。

Aグルーヴのベガのオリコンは相手の体力を8割位最大で持っていきます。けど、試合開始から普通に戦って減らしあって、残り体力3割位の相手をオリコンで仕留める。とか、ゲージ満タンで選手交代の後、体力差をオリコンで逆転して、その後にガチならどうするかと言うとストII的に戦うのではなく安全にゲージをためようとする。そして通常技キャンセルスパコンのあるCグルならヒット確認で打撃を刻んでストIIぽく攻めるけど、ぶっぱ前提のオリコンでは「投げ」と「ぶっぱ」の二択をするか、ぶっぱが外れたときはガークラ連携をする。

つまりストII的な上手さみたいのが、ゲームシステムがストZERO3カプエス2に変わっても付いていけない人の幻想みたいなもので「それ本当はストZERO3的には上手くないんだけど、その戦い方でも勝てるならそうしてもいい」という程度の話に思えてきたんです。

まあそれで、身も蓋もない話をするとストIIの上手い系動画もザンギエフのローキックから半歩下がりリュウ大足空振りのスキにザンギ歩いて戻ってスクリューみたいのは野試合でもリュウ側がサービスしてる八百長試合みたいなものなんです。

そう考えると西日暮里のだーよしAベガの大活躍も現役カプエス2勢という括りでは結構負けが混んでいるという噂もある中で、ゲーセンの宣伝としての客引きプロレスみたいなものかもしれないなと思ったところで、俺いつまでISM論争とグルーヴ論争に引っ張られてんだろうと。

この記事を書いている以上は自分の中にどこか納得する落とし所が出来たからで、ストIIが上手かろうが新しいゲームではゲージ溜めが最善手。そしてそこまで突き詰めると、ストIIの最善手すらも旧来式とは異論が出てきてもおかしくない。

ストIIでも余計な手を打つよりじっと待つほうが最善手になる場面はあるわけで、どこか折れ合ってお金を出し合って楽しむ中で名勝負が生まれることもあったのかなと。

その路線で行くと、究極的に勝とうとしたらというのではなく、魅せ技としてのストIIも上手いオリコン使いという路線で映像芸術として出来ることはもうちょっとあるのかなと。

まあ、まだまだ究極的に勝とうとするプロセスでミスもあり、極まったとは思えない部分もあるのですが、オリコンを使うようになってストIIの8割ではなく新しい2割にフォーカスして取り組むと見え方が変わってきたという話なのであります。

実はついて行けないのはKOF'96くらいからそうで、地上戦と空中戦のバランスの変化とかを読み解いて新しいのから入って順応してる子供たちにストII古参として勝てるようになったのもいちど引いてみて蓄えてからだったんですけどね。8割同じカプコン系にしがみついてた。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |