二枚舌

MTGのカードにDupulicity(日:二枚舌)というカードがあります。
知識を象徴する青のカードのエンチャントで、複雑な効果を持つ。
かんたんにまとめると、
・持っている手札と別に、山札から5枚持ってきて脇の手札とする。
・手札と脇の手札を入れ替えて使って良い。
・その代償として、手札の上限が毎ターン(毎日)減ってゆく。
だんだんと、二枚舌がばれて、立ち行かなくなることが、
ゲームのカードで表現されています。
そのうち、立ち行かなくなるだろうと、予想して使わない。
カードゲームを行儀良く遊んでいる人は慎重論者が多いのでしょう。
しかし、一時(いっとき)は得をするのです。