ダライアス・バースト

なんばのタイトーダライアス・バーストを遊んできた。

ダライアスやねうらお氏の「ほんまにほんまの話」を思い出す。
要約すると小学生の頃ダライアスの台に100円玉を入れたが、
機械の故障で遊ぶ事が出来ず、怠慢な店員を呼びにいくと疑われた。
お金がないのにタダであそぶために嘘を言っていると思われて、
気が気で無い状態でゲームが始まり、なにも楽しくなかったと。
2011年のダライアスは、ちゃんと100円で気持ちよく遊べた。