東京ゲームショウ

テレビのニュースで東京ゲームショウがちらっと出た。
なんでも来場者19万5千人で展示ゲームは1000本以上だとか。
単純な発想で1人5本、来場者数をゲーム本数で割ると975人。
1000本も出品されていると1ゲーム当たり1000人しか客が無い。
これでは自作のゲームが120本しか出なくても仕方ないと思う。


イラストレータと漫画家の収入の話をどうこう聞いた事がある。
マンガ家は週刊誌1冊に15人程度の狭き門で、
イラストレータは1冊の雑誌でも1ページ1人だから何十人と食える。
そもそも比べるにも似ているようで異なる部分のほうがずっと多く、
住み分けも相当な差がある仕事らしい。


同じようにゲームを見るとダウンロードサイトの登録だけで発表出来て、
維持管理費も初期投資が終わるとサーバの電気代と皆様の月々の電話代、
何も買わなくてもパケ放題でどんどん課金されているわけだから、
もう虫みたいに雑草みたいに、わいて死んで増えて減っているわけだ。
こうなると広報力だけがものを言う状況も納得がいく(ちょっと遅いか)
オチのつかない話。


enchant.jsでのゲーム制作はせっかくなのでiPadiPhoneでも動くよう、
バーチャルパッドを搭載しよう。 そうしよう、そうしよう。
スマホの人も遊んでみてね。動いたらコメント下さい。▼
http://zenmai36rai.edo-jidai.com/

広告を非表示にする