砂糖水はじめました

セガサターンの内蔵電池を昨日交換して、ダイソーで2個108円だったから3年持つ計算でかなりランニングコストが良い。
しかし昨日のデータが消えており、よく調べると接触不良を起こしていた。そして直るには直ったが電池カバーを開け閉めする時にパキッというちょっと嫌な音が。流石に20年以上前のものなので本体カバーであるプラスチックの経年劣化が進んでいるのか。順序が反対ではあるが、PS2は壊れるまで遊んだ。まだケーブルの接触不良が起こっているだけで完全には壊れていないが、ゲームしてたら画面映りが悪くなることがある。どちらかというとサターンのほうが見た目新品に近い。ファミコンスーファミは親に買ってもらって、サターンはバイトして買ったけど学校とバイトが忙しくて俺のいない間に弟がソフトだけ親に買ってもらったようで俺の部屋と姉の部屋を渡る通路に俺の遊んだことのないサターンソフトがダンボールに詰めて何本か眠っている。シムシティサカつくなど、弟は自分で動かすのでなく放って置く系のシミュレーションが好きなようだ。
そんで何だっけ、そう、セーブが直ったのでレイディアントシルバーガンをセーブして遊べるようになった。このゲームは得点が経験値で稼いだ分だけ武器がパワーアップするのだが、セーブがあると前回の得点を引き継いで1面から遊べる。ついでにアーケードモードをコンティニューで1周したのでステージセレクトという隠しオプションが選べる。育てシューティング。素直にRPGやれよ的な。サターンでRPGで面白いのってあるのか?ソウルハッカーズ面白いって聞くけど俺には合わなかった。
ゲームプログラマーとして一番最初に作ったのが「ぷよぷよ」で次にシューティング、仕事としてはRPGとプリクラに関わったんだけど、プログラマー目線でシューティングの構造がわかるとなんだか「やらされてる感」がしてRPGも「おあづけ食らってる感」がして、会社の人からは「普通はプログラマーの仕事したらゲームしなくなるんですけどねぇ、もう面白くないでしょう」って言われたけど、俺がいたのが開発2課でみんなゲーム以外の趣味があって、難しいことは開発1課に頼む感じ。その開発1課の人はと言うとカロリーメイト喰いながら昼休みまで他社のゲーム買ってきて遊んでゲームづくりに没頭している感じで、2課の人間はそっから雑用もらったりご機嫌取りしたりして基本的にサボっている。
いや「俺も昔はゲームプログラマーになりたかったんだ」と思うと、退職したけどせめて誰かが作ったゲームを遊ばせてもらえるわけだから、それも格安で。ちょっとくらいは頑張ってみようという気分になるんですよ。そして、そうなるとコレクターとして買うのに夢中になるよりは、1本をじっくりやってやろうと。同じようなゲームで絵と音楽が変われば新鮮だけど、それって結局グラフィックとか音楽を作っている人にお金貢いでるようなものなので、プログラマーとして「これ自分で作れって言われたら何からやるだろう」みたいな目線で、長らく手放さずにレイディアントシルバーガンを持っているのはソニックウイングス怒首領蜂なら自分で作れそうだけどシルバーガンはすげえな、みたいに思っていたからで。まあ、何度も遊んでいると内部構造こうなってるのかなって当たりは付くようになってくる。俺がいちばん知りたかったのそれでいうとストIIで、あれがゲーム画面見てパッとプログラムイメージできないのが2課。出来ちゃうのが多分1課。
そんで、ブログで何度も宣伝しているせいかヤフオク怒首領蜂ソニックウイングスの落札価格が上昇傾向で、反対にグラディウスとかコナミ系が最近安くて、俺もそろそろ発言の影響力とか考えないとダメかなと思いましたよ。いや自分が持ってるの宣伝して高く売って安いの仕入れるって中古ショップの回し者みたいな真似になっちゃいかんなと。ファンとして語りたいだけだからね。
そんでゲーセンでゲーム1回100円を節約しちゃったらもうゲーマーとしてファンとしての経済支援は打ち切りになっちゃうから、お小遣いからゲームのために何か使いみちは無いかなと考えてんだけど、考えまくったら脳が糖分を消費して無性に甘いものが欲しくなったの。欲しくなったけど、昼にマクドでコーラ飲んでおやつにバウムクーヘン食べてアイスコーヒー飲んでコーヒー飲み過ぎは胃に良くないからアップルジュースを飲もうと思ったら冷蔵庫の買い置きが切れてて、買いに行くの面倒だからコップにスプーン1杯の白砂糖を入れて水道水注いで割り箸でかき回して飲んだ。
ゲーセンに水筒持ってきてサムライスピリッツやってる人、そう言えばいたなぁ。ゲーム好きだったはずがいつの間にかゲームで小遣い稼いでお金のためのゲーム作りに考え方が変わって人生の目標みたいの見失ってたけど、退屈でお金があるから楽しむためにゲームを買うと次々と楽しそうなものが目に耳に飛び込んでくる。好きなことが嫌いになったんじゃなく、サービス業と被サービス客の主従が反対になっただけなんだよな。趣味とか好きなことを仕事にしてはいけないというが、そうではない。好きなものを楽しむのが趣味で人に楽しんでもらうようサービスするのが仕事だから、参加者としては同じグループだけど主従をひっくり返すとつまらないよって話なんだ。
だけど冷えたポカリスエットをがぶ飲みするのも砂糖水を自分で作って飲むのも最近じゃそこまで変わらないと思うようになったよな。