今日のカルドセプト(遊び心と勝ち負けと)

誰に見せても文句なく「強い」と認められるカードで構成されたブックでたとえ強くても認めないという人はいる。放っておいてもよいが、まあ暇なので遊び心を加えたカードをブックに忍ばせるも活躍しないまま終わる。これは虚しい。しかし、遊びカードばかりで構成した趣味ブックの実験台にしてしまうと、これはこれでなぶっているようなもの。

f:id:karmen:20190129154107j:plain

f:id:karmen:20190129154122j:plain

そのあいだのちょうど良いところがこのへんかなと思った今日のブック。

ゾンビとゴールドグースのコンボは弱いカード同士で強い効果になるとても珍しい組み合わせで、実質ゴブリンと変わらないように思えるゾンビのHP50衰弱がゴールドグースの効果と見事に絡む。いやゴールドグースは強いカードでしょという意見はまあ。

しかしゾンビをネクロマンサーで回収してもういちどゾンビ&ゴールドグースを決めようとしてもゴールドグースがブックに4枚では足りないので、リンカネーション4枚でどんどんブックを先送りしちゃおうという作戦のもと、ゾンビが3ゴールドグースが4ネクロマンサーが1リンカネーションが4という構成に落ち着いた。

言うまでもなくゾンビでやるよりコーンフォークゴールドグースのほうが収益率は良い。しかし、ここにギルドラプターとダイナマイトを加えて自殺回転率のやたら高いブックを試したが、ブックはよく回るがゲームは進展しないで気まずい空気になる。

そこでスピットコブラやガンジィという微妙な効果のお楽しみクリーチャーを加え、ともするとゾンビの移動侵略が成功してしまうかも?というところでブック完成。

ケルトン、ドラゴンゾンビ、グールなどの補欠アンデッドさんは今回はベンチ入り。

まあガンジィは風属性だけど亡霊だし、そういやスペクターとかバロウワイトもアンデッドですよね・・・。まだ、もうひとひねり行けそうだけど、今日はここまで。