通院日ですよ

4週毎に病院で4x7=28日分のお薬を貰うんだけど久々に1日分飲み忘れ。

先日の阪神巨人3連戦3日目はやや夏風邪気味で観て11対0の快勝で夢のように眠って体調も回復した。まるでウソみたいだったが、負ける野球は見ていて疲れるのでああいう見やすい野球をもっとしてほしい。

今日は病院からの帰りにマクドに寄ってエグチさんのセットを買い、食べながら特盛よしもと、火曜サプライズの再放送、しゃべくり007を見てからNHKで巨人対中日をみた。

中日のピッチャー勝野投手に巨人軍が苦しむさまを見て、まあ名古屋中日ドームの試合なんだけどそれを巨人ファンの親父と一緒に見るってのが。色々と。

病院でも先生に「最近どうされていますか」「テレビで野球見てます」「どこのファンですか」と聞かれているのに気付かず3秒ほど気持ちよく喋ろうとして「あ、阪神です」と答えるのな。格闘ゲームのメインキャラなんですかと同じでまあ聞かれたら阪神ファンと答え続けるようにしてるけど、そんなに近畿キッズで阪神近鉄びいきというわけでもなく。

野球って最初は何も分からなかったけど、簡単に言って9人バッターがいて回転すると1番バッターがいちばん打席に付く数が多くなるから1番から9番の順に強いバッターを並べてスリーアウトで交代だから3回で打順が1周して、3回1得点くらいを目標に、また投手は同様の理由で3点に抑えることを目標に、そして代打は投手である9番バッターの時に使う。

このくらいのことは監督までならなくても小学生でも野球やってファミスタとかパワプロの野球ゲームとテレビ観戦で実況聞いてれば分かってるんだろうけど、それでもそんな理論より練習に懸命に打ち込む根性とか体を動かして汗を掻くことそれ自体のこころよさのが多分大事。

1番バッターがいちばん回ってくるのに何故4番が強打者なのかとか、これって常識だけど素直な理論からは1歩踏み込んだ読みなんだよな。