単刀直入に聞きたいことがあって

原子力発電所廃炉って本当に稼働より国民のためになるの?って話。

国民が心配してるのって、事故で安全性に対する信用がなくなって被爆の話よね。それでも核燃料って火を点けたら燃えるってものではなく核反応で燃え続けるものだと俺は認識していて、焼けた石に水かけてお湯沸かすみたいなものを想像してるのよ。

んで、原発が稼働すると炉に燃料を入れたら、後はそれが燃え尽きるまでそこで発電しても廃炉にしようとしても中で石が焼けていることには変わりなくて、俺は廃炉にしろと命じられて電力会社が民意イコール上意だから「はいそうですか」と引き受けて、わからない人々を安心させるための無意味なパフォーマンスとして発電を止めているだけではないかと考えた。

んで、今日の池上彰さんで「廃炉には30年かかる」とか震災10年特集で言ってたんだけど、それを聞いてあらためて、それって原発を30年稼働させてから廃炉にするより本当に効率良いのかな、どうなのかなって。もちろん、国家機密とか企業秘密だから踏み込めない部分はあると思う。

この辺のことが上手く説明できなくて「俺は推進派を支持していて」とか話をすると電力会社とかの利権があるからだろうみたいに先入観があるのか、なかなか話を聞いてもらいにくいんだけど、燃料冷やした汚染水を処理して海に流して魚食ってそれが実質的にゆるい放射線の被曝と一緒になるなら、せっかくだから燃え尽きるまで発電したれ!という意味で推進派です。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |