中二の医学

「家庭の医学」という本がある。
病名と療法が辞書のように載っており便利そうだ。
便利そうで買う人はいるけれど読む人は少ない。
なぜなら、たくさんの病気を網羅するため解説が不十分だ。

そんなあなたに中二の医学、学研の東洋医学新紀元社の薬の本。
西洋医学を学ぶためには大学受験を経て医学部のある大学にいく、
それまでは本を読んでも昆虫の解剖や実用性の無いフラスコ実験、
そういう下積みの知識を嫌というほど詰め込んでいかねばならない。
もちろん中二の医学を読むにも中学理科くらいは知った方が良い。
それでも、そこから高校選択理科を通り抜ける際に挫折を味わう。
こんな勉強は医者になるのに本当に必要なのだろうかと疑う。
ヤブ医者や無免許操業にならないため、あくまで読み物として、
東洋医学や毒薬の本など読んでみると意外と実用的でおもしろい。
ただ、この東洋医学の本、長い事ホコリをかぶって医学的でない。