ジョジョ2部

コンビニでジョジョ第二部の復刻版を買いました。
小学生の頃の小遣いが月に学年掛ける100で、小学2年生から、
週刊ジャンプを月に1部だけ取って読んでいたのを思い出しました。
ドラゴンボールが目当てでしたが、キン肉マン北斗の拳
魁!男塾ジョジョなんかも仕方ないから何度も読みました。
ゴッドサイダーなんかも同じ頃に連載で載っていたと覚えてます。
もちろん、こち亀なんかも、とにかく買った号は全部読みました。


高学年になると小遣いは全部ミニ四駆に突っ込んだので、
なんとなく覚えているジョジョの2部くらいが懐かしいなと。
同級生には第三部が面白いという意見が圧倒的なんだけど、
第三部は最初しか読んでなくて、マンガはもういいやって。
だけど運動部ともうまく合わずに漫画研でなんとなく過ごした。


それで、昔話もほどほどに、今ジョジョを読み返すと、
北斗の拳のできそこないみたいなマンガじゃないかと思うんです。
ムカつく警官がいて、指から波紋を出して「あべし」みたいにね、
やっつけるわけですよ。
ケンカの弱い子が強いヤツをやっつけるマンガを見て、
そんで表紙裏のブルワーカーの広告や包茎手術の広告を見る。
(女性誌ならおっぱい大きくする器具とか載ってんのな)


石仮面にシュトロハイムに柱の男にリサリサ先生とペラペラ読んで、
確かにジョジョからもらった夢みたいなものもあるんだけれど、
そういうオタク学みたいな洗脳が解けてくると、
テレビ番組の「世界ふしぎ発見」から受けた影響のほうが大きい。


キャラクターの格好よさから第三部のほうがいいというのも分かる。
月に週刊誌1冊を穴があくほど読んで膨らました想像こそが面白い。
今となっては、どんな風に想像してたか思い出せない部分もあるけど、
テレビ番組や映画で見た映像とマンガのシナリオで世界が出来てた。


ほんとにただの偶然みたいな話なんだけど、ジョジョの二部で、
冒頭にジョジョがチビクロに財布を取られるんですよね。
そんで、ちょっと前にアメリカ村でチビクロにお金取られて、
それ思い出すとジョジョがチビクロの肩を持つのが分からなくて、
どっちかというとデブの白人の警官に近い生活をしているから、
ジャンプマンガ的な階級ピラミッドで言うと、やられ役になった。
ここでビッグコミックとかモーニングを読むと結構良い役なんだ。
「少年」ジャンプだからね。少年向けだよね。


そりゃつまんねーわなって、つくづく思いましたよ。
マンガで想像の世界を膨らまさなくても今は現実が充分に面白い。
インターネットには不要とされるリア充ってやつかもしれません。
もちろん、2ちゃんでも陰口叩かれる側のことがほとんどです。
逆ピラミッドなんだよね、サブカルチャーってさ。


はい、今日の愚痴はここまで。

広告を非表示にする