カルドセプト再開

マジックギャザリング(MTG)や遊戯王やテレビゲームのカルドセプトをまとめてトレカカテゴリを作って語ることにしました。過去ログはそのうち整理するとして、今日は久々に電源をいれた3DSカルドセプト




やめる前にアップしていたケルピー入りブックに「プレートメイルが異様に浮いている」という意見をもらったのでプレートメイルをピースにしてどこを削ったのかイビルブラストも1枚入ったようです。自分のブックに「入ったようです」はねーだろ、と思うかも知れませんが過去の自分の仕業というのは忘れてしまうと他人事のようです。


Gイールはノーマルカードでは上位に入るカードだと思いますが、ゼラチンウォールは何で入ってるんでしょうね。まあ、堅いのは間違いないですけど。ひとつのブックで何もかもを追い求めると中途半端で弱いので、これはこれでひとつの形として残して、また新しいことを考えようと思います。


近頃は連絡を取っていませんが、ゲーム仲間のグループにFさんというMTGでかなり有名な人がいるので、そのグループでMTGの話をすると「それはもうFさんに任せておいたほうがいいよ」という流れになります。俺とFさんでMTGの話を電話で何時間もしてしまうということはあるのですが、仲間のほとんどは新しいゲームには興味が有ってもカードゲームに新しいセットが出たとかはあまり興味が無いようです。俺もMTGの最近の動向は詳しくはないです。


カルドセプトもやろうと思って電源を入れたことを既に過去の自分が片付けていて、ブログには残していなくてもやったんだなと。だから、このレシピも残して置こうと、その程度です。まだ好きなカードと勝つためのレシピでごっちゃになっている部分が自分の中にあるわけです。だから冷徹さを持って煮詰めればもう少しレシピは変わるかもしれません。でも、好きなカードがあって使いたいから遊ぼうと思うわけでもあります。そういう自己満足をブログで語っても仕方ないかも知れませんが、俺はミスティックでマイコロンを育てるという地味な戦略に自己満足を覚えます。レシピを見た人は即死だから入れていると思ったようですが、マイコロンとの噛み合わせです。


カルドセプトの世界には二桁以上試合数が多い人ばかりのコミュも有って、そのへんからブログを晒していると笑われることもありますが、ブック全体を見て何も感想が無いと言う状態より、そのうちの数枚に突っ込みが入るというのはたいへん惜しい状態まで来ているんだなと思います。カードゲームの多くはタイマン勝負サシ勝負では試合中のカードの読み合いより試合の前のレシピを決める段階での読み合いで決まることが多いと思われます。だから、大会を目指していると多くの相手がいるので広い手を読んで勝ち負けに一喜一憂するものですが、狭いコミュで遊んでいると持ってるもん勝ちとか、尖った対策のやり合いとかで面白くないわけです。


あれですね、カードゲームに関しては全く知らない人に分かるように説明するより分かるモノ同士でああだこうだ話すのが面白いですね。滅多なことで答えの出ない問題なので語りぐさとして面白いわけです。




ブックを改良。ゼラチンウォールを全てキングトータスにしてみた後に、ブックに攻めれる要素が全くないので攻撃力アップを考えて亀3枚を攻めれるカードにしてバランスを取ってみました。いくら尖ったほうが狙いが決まりやすいとはいえケルピーハメしか手が無いのは退屈だから。だから、入れたカードはトリッキーになってます。運用が難しくなりました。キングトータス4枚とか考え方が簡単すぎて恰好悪いと思ったからです。


例えば最初のレシピのゼラチンウォールは防御型ST=10,HP=50で40Gにゲイン獲得能力があるのに対しキングトータスはST=10,HP=50で後手で45Gと5G高いわけですが、防御型でなくクリーチャー移動が出来るというのは序盤で水領地が取れなくてもまず隣の領地に置いて次の周に移動と出来る分で確率が丸まるわけです。戦闘は後手なので防御型とそんなに変わらないかも知れませんが、移動出来る分が特殊能力と差し引きで強くてそれをコストが1割ほど高いというところでバランスが取れているのです。だから、ゼラチンウォールより汎用性が高い分でコストや能力のゲインが序盤力を下げています。コレとコレなら必ずこっちのほうが全てにおいて強いと言う上位互換の無いのがゲームの選択の面白さです。


そこで、キングトータスにするならそれはそれで良しとして、45G付近のカードと入れ替えたら序盤力を損ねること無くブックに変化を付けれるだろうと40G+カード1枚のデコイ、50G+カード1枚のメデューサ、60Gのアンダインとキングトータス1枚ずつと交換しました。フェイトとファインドがあるのでカードの損はゲーム終盤には必ず取り返せる見込みも有ります。あとは考えるのを止めてゲームを遊んでみて気に入ったらそのままにすることにしました。


結果はルシエン5周目に楽勝だったので、合格点かなと。

広告を非表示にする