なんか近頃、お金が欲しい

麻雀ベーシックをリリースしてから3年プログラマーを休んでます。何度かお勤めには出たのですが、基本的にすぐ解決する仕事で通勤の負担はあれど思考の負担は少なくて。それで近頃やっとエネルギーが溜まってきました。
フリーウェア作成というのは会社に対する離反ですので、それ相応の報いを受ける羽目になり落ち着くのに3年かかりました。会社では椅子に座っているだけで今まで組み込んだプログラムが自動で動いているのを待って、経理の仕組み上お金を手に入れる手段が毎月の給料になるので、もっとドカンと一発で儲かる感じに組み替えたいなと妄想していたんですよね。
着手する時にはそれなりに夢が見れたんですが、儲からない現実にヤケになって儲からないならタダでバラ撒いてやれと自暴自棄になってから、反省して1円にでもなればと思って広告ビジネスに転向したわけです。そして一昨日くらいからフリーウェアで既に多くダウンロードされたソフトでもおかげさまで現在もダウンロードは伸び、既にダウンロードした人には売れなくても自分が今後も人生を続けていくならマネタイズすれば新陳代謝が起こって売れるかもという目算が立つわけです。新しいものを立ち上げる気力はある程度はあるのですが、今度は違うことでもやってみようかと考えています。
会社員から個人事業主になって、実質ニートな近頃の暮らしですが、冷凍のパスタやチキンラーメンにサバ缶を入れて食べる生活でサラリーマン時代はランチにお寿司にラーメンにトンカツにと1000円くらい平気で使っていて、その当時は労働から開放されたいと願って、それは半分叶っているのですがフリーでありながらお寿司やトンカツが食べたい。宝くじが当たったらどうしたいか想像してそれを貯金やローンで実現するのでなく、ドラクエでモンスターからカネとるみたいに年食ったらレベルが上って敵も強くなって貰える額が大きくなるみたいに、普通にサラリーマンを続けている人が貰っているのと同じとかそれ以上のお金を持って貯金通帳をみてニヤニヤしながら何に使おっかなと考えたい、みたいな欲求が出てきました。
お金を何に使うからいくら欲しいみたいのって、お金を管理しているようでお金に管理されているんですよね。そうでなくて、ほぼ無制限に使えて街を歩けば欲しいものは何でも紙幣と交換してもらえてお釣りまで来る、そういう金銭管理の甘い人みたいな使い方をしながらも老後の安心も両方あるみたいな状態こそが望ましいわけで。
やっぱ、勤労を放棄して得られた自由時間はとても貴重だったけど使えるお金の上限が減ったことで暗黙の辛抱があって、そのフラストレーションを開放する向きに新しい仕事を考えていこうと思いました。
なんつうか、新世界のグリル梵で洋食を食うと贅沢だと周りから妬まれるけど梅田でルクアでなく旧駅ビルでステーキ食っても貧しいと思われるみたいな、街の豊かさと相対的に見た贅沢の度合いみたいなことに気をつけていれば「あいつ贅沢だ」と敵視されることはないかもですよね。それをインスタしたりするとネットで叩かれるかもだけど。所得による棲み分けは必要だなと分かるようになってきました。まだ、現状では雇用による束縛は受けていないものの金銭的自由は限られてます。
もっとお金が欲しいです。毎日違う服を着るようなオシャレをしてデートでもないのにフレンチを食べるようなお金が。