テレビで池江璃花子さんを見ると心が痛む

まあ俺が黙っていても大炎上したそうですが。

スポーツの世界の努力神話と現実世界の人間の狡猾さみたいのは違うわけで。

五輪を巡ってもコロナでの延期もありましたし、選手が頑張っても周囲が開催の準備をしないとどうにもならず選手村不動産などの利権問題には触れないところで選手は広告塔としてがんばっているみたいな外堀も考えてしまうのですが。

そして問題視されている「努力は必ず報われる」という言葉も俺が昔ネット論壇で「多人数で競う以上は皆が努力しても勝てるのはひとりである」という論理が頑張って報われなかった人ではなく頑張らない人に支持されたと思うんですよ。

曖昧な言葉なんですよね「努力」も「報い」も。言い換えると因果応報なわけで、努力したら優勝できると言っているわけではなく報われるとしか言っていないわけだから、人それぞれに努力をして自分が結果だと何に対して感じるかってのがそれ即ち報いなわけで、大会を目標として競う中で、実際にレースとして競うその時間以上に積み重ねる練習の中に日々喜びを感じられるみたいのは継続的な努力をする人皆が感じているわけで、それを敗者の分も含めて代表者の池江璃花子さんが代弁したと言うか。

そこまで思ってもテレビに映っている池江璃花子さんを見ると胸が痛むんです。

「それを言いたいがために、そこまでしなくてはいけないか」と。

まあ、「向かっ腹」といいうやつで「努力しても結果が付くとは限らない」と唱えるものに対する対抗心として「目にものを」という感じでテレビ局もやっている部分はあると思うんです。その頑張りに対して「いや、報われない!」みたいに対抗心を燃やすつもりは既に無いですよね。やるだけやってみて、自分の胸に手を当てて思い返すと至らない部分もあり、足りている分、足りていない分それぞれ相応に何らかの積み重ねの結果は感じるんです。

それで池江さんの言葉にはもう言っていると言うより言わされているみたいなパワハラで縮こまった悲鳴みたいな言葉として「努力は必ず報われる」と泣いているようにも見えたんです。

ただただ心が痛い。速く休んで欲しいみたいな思いがあります。本番のオリンピックがまだもうひと勝負控えているのかと思うと、どんな感情を抱けば良いのか悩むくらいです。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | BELOVED | EVERYTHING |