DTMからKeyboardへ

DTMマガジンという雑誌を取っていたことがある。
DTMとはDeskTopMusic(机上の音楽)の頭文字で、
パソコン1台に鍵盤とスピーカーをつないで室内楽をする意味。
それでMIDIの打ち込みを勉強して音楽をつくろうとしたけれども、
もてるチカラの全てを出し切って制作に励んでも、到達地点が
メガドライブのB級シューティングのような状態になってしまう。
さいきんはDTMマガジンを休んでキーボードマガジンを取る。
主旋律は人の声で、楽器の演奏は伴奏くらいでよいとも思う。
パソコン1台で作曲なんて、始める前はとても夢のある話だった。
終わった今でも、とても夢のある話だと思う。