スリーフィンガーで弾きながらコードチェンジの練習

やってみたら出来なかったスリーフィンガーでのコードチェンジ。

C5323Em5323F654321と弾きたい時にE3からFにコードチェンジしようとして、なかなか上達しないのでEm5を引いてから323の間に先に54弦に指を当ててコードチェンジすれば良いんじゃね?とイメトレ中に閃いた。んでやってみると右手がつられて5弦を親指で弾いてしまう。この課題、まあ来年まで毎日やったら克服できるとは信じてるんだけど、ギターをサボってプレステで遊んでいる余裕があるのはいつまでだろう。

ギターを買う前はゲームしか趣味がなかったので、それはそれで懸命にやっていたことがあるんですよ。でもあれね。ピアニストは練習を1日サボると本人が分かり、2日サボると同僚に分かり、3日サボると観客に分かる。ギターもプレステも随分サボったなと。ギターなんて、まあ元々下手なんですけど、やる時は1日ぶっ続けで弾いてたこともあったな、ゲームも1日ぶっ続けやってたこともあったな。

だからそれらは門外漢からすると二足の草鞋を履くように見えた時もあったかもだけど、専念している人からするとどうにもサマルトリアの王子の中途半端で器用貧乏なタイプになってるのかもしれん。それでいい。子供の頃からオールマイティは本願。

ギターは課題曲を決めたので、ゲームもストZERO3かストIII3rdかカプエス2か決めよう。ヴァンパイアハンターとストIIXは期間決めてもう今以上はないだろうって自分で納得するまでやったんだ。ブロッキングもだいぶ練習して極まってはないものの自分の中で納得の線引きは出来てるから、オリコンか幻影陣かエイジスか天狗石という風に技量の高い方に舵切りして、そして多分それで普通なんだと思ってる。それもトレモ禁止でコンピュータ戦の中で練習するって縛り。コンボだけ手なりになると何かがダメになる気がして。

ゲーマーだった頃の後遺症で何か退屈があると「あのゲームでこういう場面にこうするとどうなる」とイメージすることがあって、時々実機で試したくなるのよな。それらの空想は実証することで解決するので、ゲームを納得するまでやって、ギターも退屈な時にイメトレできるように手に馴染ませたい。

今日もカプエス2のオリコンユン。1日1回と決めてるけど、もっとやりたくなる。

ブログ書いてる暇あったらギター練習しよう(これが一番大事かも)