格闘ゲームのことをまた考え始めた

今日はいちにち自室でテレビを背中に流しながらパソコンに向かっていた。

朝書いたブログのアクセスが伸びておらず、昨年まで右肩上がりだった収益も下がっている。

俺のブログは誰にどのように読まれているのか。だいたい、格闘ゲームカルドセプトの話である。しかしヒットするのは「コンビニ おにぎり 原価」とかで検索された記事。たまには集客のためにSEOとかしてみようと書いた記事がまぐれで当たり、そこから記事一覧で集客した人に「カプエス2」とか「カルドセプト」という単語を刷り込んでいるのである。

そのせいかどうかは分からないが、最近ツイッターで「カプエス2」とか「カルドセプト」で検索してみると、結構な数の人が「子供の頃に持っていて超やった、またやりたい」的なツイートをしているのを見かける。思い出してもらえたのだろうか。

そうは言っても、俺はこのブログ以上にカプエス2とかカルドセプトに関連した集金システムは持っていない。ゲームに夢中の子供ではなくいい年したオッサンなので、同期だけでなく後輩にもゲーム関連ビジネスで上手いこと行っている奴はいる。正直ちょっと羨ましい。ちょっと遊べる友達が増えたらいいな、という程度の同期でブログを綴ってきたが、その集客が功を奏してゲームが流行った時に東京でオフ会イベントとかで小銭を稼いでいるさまを見ると、ああ、そっちの趣味でお金のことは考えてなかったな、と思う。

そう思うのは単純に一緒にゲームで遊ぶ人が増えたのを喜べず、飽きている自分がいるし、ゲーセンとかで100円玉をジャラジャラ払える金銭感覚からスーパーで半額惣菜を買って缶ビールを飲む生活から、ゲーム2回が唐揚げ8個みたいな感覚になって、世知辛い。

今日はGGXXAC+の動画を見てからスーパーでおぼろ昆布で巻いたバッテラと唐揚げを買ってきて缶ビールを片手に平らげたのだが、その前はヴァンパイアやカプエス2のロレントの事などを考えていた。

GGXやヴァンパイアは複雑だが、手軽にゲームとして遊ぶにはストIIリュウケン戦のがとっつきやすくて面白いと思うことがある。俺の主戦場はかつてヴァンパイアハンターであったが、俺がGGXXAC+を全キャラ使いこなせないように多くの人はヴァンパイアが複雑過ぎて、何をされて負けているのかすらわからないという状態で引いてしまう。それよりリュウケン戦なら波動拳を読んで飛ぶ、待っているところを歩いて投げる、それを見透かして足払いでダウンを取るなどのアクションひとつひとつがゲーム的なリスク・リターンとどう絡むかが比較的理解しやすい。それでも俺が遊んで満足に面白いと思っている相手はかなり深掘りしている方だとも思うが、複雑なシステムで何をやっているか分からないで結果として負けだと言われても、まだゲームに参加できているとは言い難いレベルだとつまらないだろうと思う。

以前は反対に負けるのが怖いからいくらでも複雑にして自分たちだけ勝てる状態の方を良しとしていたけど「何で誰に勝ったのか」に於いて「駆け引きののち読み勝った」でなく「ルールと操作に長けて相手に何もさせなかった」では納得感が無いだろう。それでも楽しい。確かに楽しい。自分は楽しい。ただ、相手にも一定の楽しさがないと参加者は増えない。

そういう意味でヴァンパイアで遊ぶのはストIIとGGXの丁度あいだくらい。俺はもうヴァンパイアはストIIだと思っているが、カプエス2のロレント特にCグルーヴで「戦っているふりをしてゲージをためて相手が攻撃したらガードキャンセルをして、またそこから攻めるふりをしてゲージをためる」というサイクルをどういうゲームなのか考えていた。

どういうゲームもこういうゲームも結局の所ゲージをためるゲームだろう、でファイナルアンサー。ヴァンパイアも攻めると言って投げを含めた強制択に持ち込むよりも、ガードキャンセルをしない相手に付け込んで攻めると言うよりゲージをためてストックしていくと、追い打ち攻撃のES版を代表にダメージの期待値を上げていくことが出来て有利になっていく。

体力を奪い合うゲームで距離と高さの差以外にはタイムくらいしかパラメータが無いゲームに必殺技ゲージという龍虎の拳みたいな要素が加わった時に、気合ため行動と挑発で上手く駆け引きを相殺した龍虎の拳2と違ってカプコンのシステムは「攻めれば貯まる」になった。

攻めれば貯まる、技を当てれば相手がガードで固まって、そこに追撃を仕掛けてどんどんゲージをためていけば反撃の余地があってもそれを要点的にゲージを消費して返していけば一方的に固め続けられる、みたいなところに行き着いて、格闘ゲームがキャラを操作して動かすのが面白みだとすると、片方だけが一方的に動かし続けるバランスはどうよ?

昔は攻める側だったから、これに是だったな。今はそれが微妙だなと思ってる。ただし、リードする側の体験として面白いこともまた事実なんだよな。

それでGGXXAC+のヴェノムでも練習しようかなと思って動画を見ていたの。コンピュータを固めまくるだけでもひとりゲーとしてビリヤードみたいに遊べるかな。ビリヤードも対戦型の体をとってはいるけど、ひとり用ゲームだからな。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |