俺って誰なんだろう。散髪屋に行くと別人になる。

朝に髪をセットするとこんな感じ。

f:id:karmen:20170619155256j:plain 

夏場は汗をかいて前髪をかきわけるうちにこうなる。

f:id:karmen:20170703130830j:plain

フェイスブックとかには、あんまり良く撮れているのを上げると別人なので普通に他人から見た自分はこんくらいかなと思う写真を上げている。

だけど、俺は身長182cmなので普通の人は立っている俺を下から見上げる格好になる。背が高いだけなのだが「何となく見下されているみたいで腹が立つ」という人もいる。

セットして鏡を見た時の自分ではなく、この崩れた髪の自分こそが普段の俺を知っている人が見慣れた俺の姿であるわけだから、美化せずにこの姿をブログに貼り付けるほうが俺が誰なのか分かるのではないだろうか。

なんだかんだ、ネットで色々やっているが近所のおばちゃんとか家族とかは俺の活動を知らないわけで、ずっと部屋にこもってパソコンをやっているイメージだ。いまどきそのパソコンは世界につながっているが、アマゾンでモノなど買うと宅配便の人が来て「何か買ったんだな」と家族が喜ぶが、パソコンゲームを作って無料で配布するというような行為は家族の理解を超えたものであるし、理解されやすい形にするならば慈善事業か売名行為なのか境界線も同時に含んだ場合の比率も全く曖昧である。

まあでも、散髪屋に行くとまた別人になるのである。今日の俺は今日の俺でしか無い。