ペンネームを使う意味がやっとちゃんと分かったのだ

「作家は偉い」と思っているので、文章は拙いかもだが実名で書いている。

しかし、小説はペンネームで書くのが普通だし、ネットでハンドルネームを使う。なんでなんだろうな、みんなそうするから自分も従うって程度の意味合いなら分かるけど、良いことや正しいと思うことを書くなら実名でも良いんじゃないかって思ってた。

そして、書いているうちに自分がやがて読んだ人から理解されて、いつからか自分の依代が出来ている感覚になってきたんだ。読んだ人が「なるほど、こう言えば偉いねんな」と思った文言を自らの口から読み上げて発することで、良い言葉というのは書き手である俺のものではなくその人の言葉となる。

つまり、俺は良い年なのにゲームが好きでゲームの戦略を深く考えたり、ゲームをすることに社会的意義をこじつけて「ゲームするのも悪くないんじゃないか」という言論を打ち立てていくと、ゲームそのものの社会的認知も変わってきて、昔のように「ゲームするなんて」とは言われなくなった。それにともなって、ゲームばかりしていた人がプロゲーマーになったり、ゲーム解説者がブログの文言をマイクで怒鳴ったりとして、自分が影のような、依代に付く狐のような存在になった感じがしたんだ。

そうすると書いてる方としては自分が一番偉くなるとか儲かるとかでないのは面白くないので、ちょっと馬鹿に見える文言とか間違ったことを吹き込むというイタズラをするようになった。それはそれで上手くいくと面白いんだけど、その書き手である自分のブログが実名なのってどうよ?となったわけだ←イマココ

学校の先生は実名で本当である教科書にもとづいて生徒にモノを教える。

だけど物書きなんてのは、本当と嘘をごちゃまぜにして読ませるものだから、読んだ人が「なるほどその通りだ」と思うように上手く騙せている状態なら実名でも良いかもだけど、間違いを指摘されたり嘘を見破った人間が反旗を翻すということも考えられるので予防策としてペンネームを使うんだなと。

その昔に感化されて尊敬していた作家さんがアマゾンのレビューで見事に正論で論破されていて、だけどそのレビューは人気があるわけでなくて、ファンの「面白かった」ってレビューもいっぱいついていて「ああ、俺は少なくとも騙されなくなったのだな」とは思ったものの「読まして騙す」なんて悪いことを最初から企んでいるとしたら。それはその人のいつからなんだろう。子供の頃は無垢なのが勉強してそうなったのか、邪悪な子供だったのか。

でも、なんにせよ「間違っているな」と思っても、それを読んで真に受けている人間全部に間違いを正す教えを授けるなんてことは有り得ないので、そっとしておくことにした。日本が戦争に負けてから学校で歴史が教えられて、国民は長らく騙されてきてそれらが行き渡るのに50年かかった。子供向けの童話を書いて読ませて育たないようにして自分たちが甘い蜜を吸うってのを世代をまたいでやってきた人がいるんだなと。

映画「ショーシャンクの空に」を観て感動したら、その脚本の原典にあたる巌窟王が江戸時代に和訳されたものであるということを知って、自分はまだまだ与えられ読まされる側にしか立てていない気がしたよ。このブログでも読んでくれる人はいる。

だけど、正しいことを教えて騙されている人を解き放つのは騙して甘い蜜を吸うよりずっと簡単で意味としては損をしてしまうことなんだって最近になって身にしみて分かったんだ。