ふて寝してみた

努力は実るというのは、努力が本当に実るかよりも信念を持って目標を立てて叶うことを信じて何かに打ち込んでいる人は精神が安定していて幸福であるというような落とし所だと思う。

ふと、それを信じられなくなって虚無感つまりむなしさに襲われた時に、どうやって回復するかと言うと初心を思い出し結果を手に入れたい、そのためにはずるい方法はなく愚直に目の前のことに打ち込むことであると信じると、その目の前の努力それ自体が希望に満ちて楽しくなる。そういうことじゃないのかなと思った。

そうは言っても、いったいいつからこの生活ルーティンになったか、いつまでやるのか、どうなったら叶ったと言えるのか、そしてもし叶わないまま志半ばで命を落とすようなことがあったらどうか、などと思ってしまうと、とりあえず一度寝てみようと。3時間くらい「ふて寝」した。

そういえば朝の番組に森山直太朗さんとピアニストの方が出ていた。名前すら忘れた。ああなったら良いのにな、と思ったことはあるが、CMが挟まってタバコを吸いに台所に降りて火がタバコの半分ほどまで来たところでそういえば直太朗さんの歌だったと思い出し居間のテレビを見に行ったら歌は終わっていた。順序が反対だが、それもあっての後のふて寝である。

酒にタバコに依存する弱い人間だが、実は酒は減らしている。減った分、起床時間が増えたので何かしようと思うのだがテレビを見てしまう。20代に住んだマンションには最初テレビを置かなかった。紅茶屋の店員さんに恋をして、話をするとテレビがない本を読んでいると言うと異次元の生き物のように困惑された。そのときにはテレビも少しは見て人と話を合わせないといけないのかなと思ったものだが、今思うとそれより歯磨きをサボってて口臭が原因だったのではないかなとも思ったりもする。

テレビを見るのは楽しくて、子供の頃にはドラクエにハマったがテレビはもっとゆっくりと子役のえなり君や鈴木福君に神木隆之介君だ段々と大人の役になっていくのが面白い。

このブログは統計から一見さんが多いのだが、継続的な読者からしたら変わり映え無く自覚しているこの俺の微妙な生活や文体などの変化をウォチって楽しんでいるのかも知れない。

果たして育っているのだろうか。すごくゆっくりのペースだが作風は変わっていると思う。ただし、人としての付き合いはある程度は相手に想像可能な人格があって初めてひとりの人と付き合っているという感覚を持つものだから、何か特別な人であると思われる崇拝の対象となってしまいたいと思うのとそうならないで普通の人と人として接するなら「何だ普通じゃん」と相手すらされなくなるのではないかという恐怖みたいのと背中合わせでいる。