マカロニえんぴつに感じる違和感
それは俺の人生の矛盾と合致する。

先公を殴って退学して不良仲間とバンドして成功するなら筋が通るけど、そこまて反抗しきれずどこか従順さが残ったまま年だけ食って音大出てバンドで成功した姿は確かにロックバンドと同じ姿で映像化されているけど中身は流行から取り残されたクラシックの先生がロックバンドに嫉妬して生徒に下駄を履かせて後乗りで仕返ししたレプリカにみえる。
良く出来たレプリカは何でもって本物と区別されるかというと歴史的経緯の証拠と鑑定士の眼力であってデジタル放送の映像や音楽は既に同じで紹介されている歴史的経緯に難癖をつけたくなった。
クラシックと呼ぶほど古びては居ないけど単なる模倣ではなく学校で習ったというフィルタを通した!つまり濾過したような模倣。
はみ出しものから成り上がった成功例から学校の先生が上澄み取って濾過して学生に与えたもので、バンド当人たちではなく音大てのにも源流とは違う横取りの胡散臭さがある。
まあ有り体に優等生バンドという月並み表現になって、時代というか人気投票がツッパリより優等生に集まる流れは来てるんだろう。
筋が通ってないとはいわないけと真っ直ぐではないよね。そこまて含めて人気になる時代が来たのか。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |