佐村河内さんもDTMラーだったのね

ゴーストライター疑惑で失脚した佐村河内守さん。

正直騒動が出るまで名前も知らなかったのですが。

鬼武者だったら遊んだことあるナーってカプコン

ていうかマスコミのカメラに捕まった時の映像。

その時の俺の風貌とそっくりだったんですよ。

あの頃は街を歩くと「佐村河内や!」とか子供に。

「こら、そんなこと言ったらこっち見て睨まれた」

とか親御さんに。

まあ誤解は誤解として。時は流れて。

最近何してはるか。

趣味なんですよね、失脚した有名人のその後って。

なんか元気にやられているらしくて。

それで騒動の曲も杜撰な設計図とか報じられたけど。

ゲームミュージック界隈としては普通かなと。

いや最近はスペック上がって上手い人も増えて。

どうしてもね、解像度上がると仕上げ難しくなるし。

そしてインタビュー記事でDTM作曲だと明かされて。

まあDTM知らない人からしたら楽器弾けない人がさ、

いきなり作曲とかして自分の曲だって言ってもさ。

そりゃ裏方がいるんじゃないかと疑われる。

俺もそんなことあったなぁと思うわけですよ。

あとDTMも幅が広くて打ち込みでゴリゴリ行くのと、

演奏家さんに別々に録音してもらった音源繋ぐのも。

それで演奏家さんがいるならその人登場で解決だけど、

弾くのがあまりに難しい曲を出して有名になると、

演奏家さん界隈から「弾いてください」とお客さんから

頼まれて仕事がしんどいみたいな事情もあるみたいで。

CGも少し覚えると絵が上手くなって芸術家気取りに、

誰でも最初はなるらしいですよね。

DTMも同じことだと思います。CGより歴史浅いかも。

ちょっとパソコン使って大作曲家気取りになるの。

そういえばシャープのワープロの商品名「文豪」だね。

だったね。

今日のエッセイストごっこはここまでよ。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |