ペルソナ3を5時間ほど遊んでみた結果

まあ、まだPLV5でペルソナ合成を1回した、タルタロス6階まで、というとこ。

f:id:karmen:20201013235033j:plain

ようやくゲームシークエンスの全体像が見えてきて「思ったより普通のRPG」という感想に。

システムが複雑な分だけ導入にチュートリアル(教導)部分が長くて「いつになったらゲームらしいゲームが始まんの?このまま続くの?」と思っていたらコミュ揃ってタルタロス5階で一気に楽しくなって、他の人がペルソナ面白いと言っていた意味がちゃんと分かったのが収穫かなと。

いやほんま正直ココまで進む前に何度も面倒だなと15分づつくらい遊んできて、4時間超えたあたりから1時間ぶっ続けで遊ぶくらい楽しくなったのよ。感性ズレてんのかなって何度も自分と他人の比較を疑った。あとはまあ、無理に勝とうとするのでなく負けてもいいから自分が楽しみな選択を繰り返そうと楽観的に遊べるようになった心境変化も大きい。

「ペルソナって女神転生の外伝みたいなもんやろ?」というと「違う」と頑張る人も多いんやけど、ひとり「そうやで、ペルソナはメガテンの仲魔と同じやし魔法も一緒やけどシステムがぜんぜん違うんやで」という言葉に納得した。

メガテンというとドラクエやFFの地道にレベル上げしたら大抵勝てるゲームデザインと違って、成長の分岐があって間違うと袋小路になってやり直しが必要というイメージがあって、あんまりやりたくなかったんだけど、袋小路で負けるまでとりあえず1回は攻略とか見ないで行き当たりばったりに遊んで負けてみるのもまた楽しと思ったら案外サクサク進めてる。

まあ、カプエス2に費やした時間をロープレに当てたら何本もクリアできて物語もたくさん読めるのだろうけど、なかなか思考型ゲームで楽しめるループにハマれず、タルタロス5階まで進んで1階に戻って2階から4階の敵を楽勝フルボッコに出来たら、ああ普通のRPGやと思った。

| SOFTWARE | GRADIUS | BLOG RANKING | GLAY BELOVED GUITAR SONG |