面白がって人を病気に追い込む輩がいるという話

殺人は犯罪である。

しかし、クルマで人を山奥へと運び出し降ろして立ち去ってその人が死んだらどういう犯罪になるか。あるいは近年の法改正でそれもどにか取り締まれるのかも知れないが、科捜研が発達する前は毒殺は魔女の仕業として冤罪処刑されていた。

俺もどういうわけか私怨かなにかで自殺に追い込まれそうになっていた。部屋でひとりでいる時にインターホンが鳴り止まず出ても誰もいない。部屋の外から声がする感じがして見に行くと誰もいない。相談すると病院に連れて行かれて有りもしない幻覚症状の幻聴が聞こえる脳の障害で病名は統合失調症と診断された。

だが、20年かけて原因を探した。自分の病気を治すため医書なども買い集めて読んだ。病院から出されるお薬も騙されたと思って飲んだ。確かに過去の俺は鳴っている音に対するストレスから精神的にボロボロになり、幻聴の陽性症状も出ていたのだろう。

そしてお薬を飲んで病院では薬量を血液検査などで調べて担当医が「こんなにしっかりお薬を飲んで治らないはずがない」とノイローゼになって交代したりで今は4人目のお医者さん、大阪に居た頃から数えると5人目かそれ以上のお医者さんにかかっている。

例えば、俺が部屋でひとりでいる時に昔流行ったインターホンを押して逃げる「ピンポンダッシュ」のようなイタズラを罵声やら何やらで浴びせられ、声がすると思って見たら誰もいないという状況に追い込まれ、相談すると統合失調症と誤謬されるという現象ではないかということもお医者さんに相談すると「それはいったい誰が何のため」ということを立証できないとお医者さんもそうとは言えないけど、その可能性を否定する立証もまた難しい。

結果、お医者さんに警察と相談して本来おとり捜査は禁止であるが、何かの犯罪とも言えない現象なので俺が部屋で引きこもらずに外出してICレコーダーを回し、本当に客観的に聴取できる音が鳴っているかというところで、ついに誰かが俺の視野から見て死角に入りボソッと悪口を聞き取れるかどうかくらいの音量でつぶやいて、黙って逃げていることが判明した。

しかしそれだけでは犯罪にはならないので、逮捕はできないが、警察の方が協力してくれてその声の主が何を狙っているか尾行や調査をして洗ってくれるようになり、それでひとまず少し楽になった。犯人はおそらく複数いるし、もしかしたらそれが流行して無数にいるのかもしれない。

とにかく、そういう事も精神的外傷になるので、無くなる社会になって欲しい。ちょうど日中の外交問題で潜水艦に音波を当てるのは攻撃になるのかどうかということが現在国際法で問題になっているとのニュースが報道されていた。

本当に辛くて首をくくろうかと思うほど追いつめられたこともあったが「あなたが思うより健康です!」とか流行歌に乗せてテレビから暴言吐くのもどこまでアリなんでしょうかね。

近隣の工事騒音とかともデシベルで計って警察と相談して業者と喧嘩してコストコを建てるとか何とかでまだまだ絶賛地上げ中の奈良県大和郡山市からお送りしました。